・クイーンドミノ
 Queen Domino(Blue Orange:2017)


クイーンドミノ

タイルを配置して、より得点の高い自分の王国をつくりあげるゲームです。
おのさん・翔さん・トド吉・私の4人でプレイ。

基本的なルールは『キングドミノ』と同じなので、加わった要素だけ簡単に説明。
騎士コマを持つことで、手番のアクションで徴税が選べるようになりました。
建設士ボードには建物タイルが並び、両端には女王コマとドラゴンコマを置きます。
建物タイルは、自国の町(赤)が空いていれば、コストを支払って購入出来ます。
塔を配置して、自分が最多だった場合、女王コマを受け取ります。
コストを支払って、建設士ボードに並ぶ建物から任意のタイルを焼き払うことが出来ます。
ただし、ドラゴンを使うことが出来るのはラウンドに1回のみで、女王コマを持っていないプレイヤーです。
ゲーム終了時の得点計算に、コインと特殊領地が加わります。

新しいタイルも使ってみたいところだけど、まずは地道な自国つくり。
他の人のタイルを眺めながら、未来のタイルに期待して待つ。
とはいえ、せっかくあるんだし何か使ってみたい。
特に塔はタイルの上にのせるので、見た目がいい。
コストを払うためのお金は初期資金のみ。
だから徴税が必要になってくるのか!と1人でひっそりと納得w

そのうちにおのさんが塔を建てる。
どうせ塔を建てるなら、数を上回らないと女王がこない。
でも女王コマを持ってしまうと、建設タイルを焼き払うことが出来ない。
まぁ、結局誰も焼き払わなかったわけでw

黙々とタイルを並べて、王冠を狙うのは従来通り。
新しい要素がどこまで得点をのばしてくれるのかは未知数。
みんなが徴税し始めたのを見て、私も徴税。
徴税しておいて損はないというか、持っているコインも終了時には得点になるわけで。
それでも口々に

「キングドミノだね」
「やっぱりキングドミノ」
「うん、キングドミノ」

出てくる言葉はみんな同じw
広がってくる自国にタイルをきれいに並べて。
置けないのが一番痛い。
そして、あっという間にゲーム終了。
全員がおとなしめのプレイだったなぁw

いざ得点計算をしてみると、勝ったのはなんと私。
自分でもびっくりというか、新しい要素を使いこなした感がないので、余計にびっくり。

ドイツ年間ゲーム大賞を受賞した『キングドミノ』に、要素が加わりました。
でもこれ単品で遊べますし、両方を合わせても遊べます。
ただし箱が大きくなりました、というところかなぁ?
要素が増えると、使いこなすまでにちょっとかかるけど、そこまで必要か?という気も。
ドラゴンで他の人が欲しがって狙っている建物を焼き払ってしまうのは、邪魔としては最高。
でもそれをやっている間に、自分が出し抜けるかのタイミングも気にしなきゃいけない。

このゲームはエッセン会場で遊んだ中の1つ。
しかも、どうしてもどうしてもという私の希望で順番待ちまでして遊んだのは、デモ用の巨大サイズw
どうせ遊ぶなら、普段遊べないもので遊びたいのです。
遊んでみての感想は、まぁ『キングドミノ』。
新しい要素は使ってみたくなるので、率先して使ってみましたが、そこまで大きな影響がないプレイ内容だったような?
両方を合わせて遊べる選択ルールもあるので、そちらも試してみないと。