・ノー・シエスタ!
 La Granja: No Siesta(Stronghold Games:2016)


ノーシエスタ

ダイスを使って自分の農場を管理し、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用の集計シートと鉛筆、収益ボードを持ちます。
場にはマーケットボードとトラックボードを置き、各タイルをセットします。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは3つのフェイズからなります。
ダイスフェイズでは、選んだダイス目を収益ボードにチェックしていきます。
スタートプレイヤーがすべてのダイスを振り、各プレイヤーが1個ずつ選択。
残りを再び振りなおして1個ずつ選択したら、残ったダイスは振りなおして、すべてのプレイヤーに適用します。
次に得点フェイズで、スタートプレイヤーから順番に、プレイヤーは収入を自分のシートに記入し、可能ならボーナスを入手します。
最後はラウンド終了フェイズで、助手の雇用・収益の払い戻しをやり、スタートプレイヤーを次の人に回します。
これを繰り返し、誰かがトラックボードの最後に到達するとゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

ラ・グランハをまだ遊んでいないので、結果的にこちらが先になりました。
得点に結びつける項目が多かったので、とりあえず目に見えてわかりやすいところから攻めることにw
じゃらーっとダイスが振られ、順番に取っていく。
屋根を埋めてボーナスタイルが欲しかったので、お金を選択。
どうせ全部は埋まらないだろうけれど、でもやっぱり出来るだけシートを埋めたい。
屋根を埋めるには、もう1つお金の目が欲しい。
ところが、振りなおされたダイス目にはお金がない。
そうだ!ダイスだから、こういうことも普通にあるんじゃない!

「ぶ、ぶたかな」

屋根に固執していた私だけど、周りを見るとみんなそれぞれ上手くやっている(ように見える)。
何といっても荷車は、地道に埋めていかないと間に合わない。
そして一番先に達成すれば、得点も高い。
わからなかったのは船のところだけど、そのうち誰かが達成すればわかるかー程度w

トド吉がやたらとトラックボードを進めていく。
それを見ていたら、いたるさんもトラックボードを進んでいく。
その時は、そんなに早くゲーム終わらせても、得点がなかったら勝てないじゃないと思っていました。

シートが埋まってくると、必要なダイス目が増えてきてつらくなる。
しかもダイスなので、その時によって欲しい目があるとは限らない。
こうなると、オールマイティが欲しくなる。
意地になって荷車にダイスを目を使い、一番上の列は私が最初に達成。
かなり満足。
そんな中、いたるさんが2列目を完成させて、得点が低いほうに。
トド吉は・・・黙々と一番得点の高い最下段を揃えていたという。
ちゃんと得点を意識しないとダメねw

気付けばトラックボードの2人は、かなり先まで進んでいる。
そして、私はどう考えてもマーカーが足りなくなってくる。
ダイスを選んでとっても、使うマーカーがなかったら何も手に入らない。
これは・・・後半になって数が必要になってくるのに、無理なんじゃない?
トラックボードを進んでいくと、新しいマーカーがもらえて、それが直結してくるという予想が出来ていなかった。
あわててトラックボードにもダイス目を使うことに。
船に手を出してしまってマーカーが減っていくんだから、そりゃマーカーが欲しいよね!
と気付いたのは中盤だったという・・・w
気付くのが遅いのは重々承知だけど、大丈夫!ここからでもいける!

黙々とシートにチェックを入れては、自分でやりくりしていく。
ダイスが振られる時は、全員がダイスに注目しているので賑やか。
あとはもう、黙々とやりくりしていくだけ。
農場管理ってつらいなぁ・・・w

最後はトド吉がトラックボード最後へ到達。
この時点で、自分のシートには空欄がいっぱい。
でもみんなも同じ。
そうか・・・どうせ全部が無理なら、どこかに絞ったほうがよかったのか。

そして得点計算。
計算してみると、みんな団栗の背比べ状態で、勝ったのはトド吉。
1点が重いというか、1点取るのが大変だった。

序盤は、正直何をすればいいのかわからなかったけれど、自分で上手く流れていくように組み立てられると楽なのかも。
とりあえずこれ、は、後で無駄になることも多かったかな。
でも屋根のボーナスには助けられていたので、もっと農夫の助けも借りればよかった。
これは3回くらい繰り返して遊びたいけれど、その前に大箱のラ・グランハを遊んでみようかと思います。