・ロッキー・ロード・ア・ラ・モード
 Rocky Road a la Mode(Green Couch Games:2017)


ロッキー・ロード・ア・ラ・モード

アイスクリーム販売員として、客を呼んで注文のアイスを提供し、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にはボードを置き、各プレイヤーのトラックコマを置きます。
甘味カードの山をつくり、横に表向きで3枚並べます。
各プレイヤーは、自分のトラックカードと甘味カード3枚を持ちます。
ゲームの目的は、町で一番のアイスクリーム屋になること。
手番では、補充・宣伝・販売の中から、いずれか1つを選んで実行します。
それぞれアクションを選び、まずはボード上のトラックコマを動かします。
その後、アクションを実行して手番終了。
ボード上のトラックコマが、一番遅れているプレイヤーが次の手番を実行します。
これを繰り返し、誰かが9点以上の得点を獲得したら終了間近。
他のプレイヤーは、ボード上にある9点以上のプレイヤーのコマを追い越すまで手番を続けます。
最後に得点計算を行い、もっとも得点の高い人が勝者になります。

まず意識しておくことは、アイスは3種類+オールマイティで、3種類は注文達成することでボーナス点に結びついてくるということ。
このボーナス点がかなり高い。
まずは手札を見る。
なるほど・・・このオレンジを集めたほうがいいのかな。
でもピンクのソフトクリームを集めたほうがいいのかな。
とはいえ、まずは客を呼ばないと。

ということで、選んだアクションは宣伝。
自分のトラックコマを動かし、カードをトラックに差し込む。
これで、2人のお客さんが何を望んでいるのかわかりやすくなります。
でも提供出来るほどカードが揃っていないので、次の手番ではカードを引きます。
あまりトラックコマが進んでしまっても、しばらく何も出来なくなってしまうので、ほどほどがいいのです。
でも並んでいるカードはどれもいまいち。
仕方ないので、注文品として使う予定のカードを入手。

そして次の手番では、実際にお客さんへアイスを提供します。

「このお客さんにこれ提供するねー」
「はい、おっけー」

トラック下に差し込んでるカードをさらに押すと、残り1人のお客さんだけが見えるように。
今度はこのアイスか。
手札では足りない。
そうなると、カードを補充するしかない。
でも場に出ているのは、あまりいらないというか。
最初の頃は、関係なくばんばん取ったけれど、ゲームが進んでくるにつれ、ボード上のトラックが進んでしまうと困る。
さらにオールマイティのアイスも欲しいので、マス数を数えてアクションを選ぶ時も。
次第にみんながマス数を数えるようにw

2人のお客さんにアイス提供が出来ると、カードを横向きにトラックカードに差し込みます。
これで、勝利点になるメダルとアイスが標準装備に。
こうなると客捌きがかなり楽。
もっとも、メダルがついているものばかりではなく、アイスしかない・メダルしかないのもあります。
カード1枚にすべての情報が描かれているので、慣れればさくさくと進む。
次のお客さんを差し込み、再びアイス提供。

慣れた感じで達成していると、気付けばトド吉が9点間近。
これは急がねば。
いや、着実に得点が取れるお客さんを・・・

「このカード差し込む!」

この時は気付いていなかったのです。
本当は別のカードを差し込むはずだったことを。
そして、アイスを提供する時になって気付く。

「うわー!間違えた!この客じゃなかった!」
「あーあー」
「はい、ざんねーん」
私のトラック
そしてトド吉が9点になり、終了フラグ。
トラックがトド吉を追い越すまでアクションをやったけれど、結局目標まで届かず。
最後にボーナス点などを加算し、勝ったのはトド吉。
あそこで客を間違えなければ、私もボーナス点とかもらえていたはずなのに・・・くそー!

これはかなり良い感じ。
コンパクトにまとまっているだけでなく、手番順が選んだアクションに影響されるのもスマート。
細かく連続手番をやることも出来るので、そこまで考えて一気に出来るし。
見た目より、割と硬派だし。
ボードも小さくてカードでも代用可能らしく、カードですべて収束させているのもいいね。