・アズール
 Azul(Plan B Games:2017)


アズール

タイルを集めて、自分のボードに並べていくゲームです。
おのさん・翔さん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブル中央にディスプレイを円上に並べます。
各プレイヤーは、自分用ボードと得点マーカーを受け取ります。
プレイ人数に合わせた数のタイルを袋から引き、ディスプレイに配置します。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは3フェイズ。
まずは順にタイルを獲得し、次に獲得したタイルを自分ボードに配置して得点計算。
最後に次ラウンドの準備をして、次ラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが自分ボードの横1列にタイルを5枚配置したら、そのラウンドでゲーム終了。
最後にボーナス得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

とっても簡単なルールだったので、すぐにプレイを始める。
場のディスプレイもしくは中央の捨てられたタイルから1色選んで取る。
取ったらまずはボードの右側へ配置。
右側の横列が同じ種類のタイルで埋まれば、左側へスライド。
そこで得点が入る。
この流れ。

タイルの獲得は、ディスプレイから選んで1色すべてを取って、残りは中央に捨て。
最初のラウンドは、必然的にディスプレイから取ることになるけれど、捨てタイルが中央にたまってくると、そこからも取れる。
しかも、捨てタイルを一番最初に取った人が、次ラウンドのスタートプレイヤーになるのです。
でもスタートプレイヤーは1点減点されるという。
どのタイミングで捨てタイルを取りに行くか、割と重要。
選ぶなら、自分が最初に選びたいけど1点減るのは大きいw

いざ選んでみると、今度はボードのどの列に置くのか考える。
ボードをよく見ると、左右に分かれていて、獲得したタイルはまず左側へ。
マスが同じタイルで埋まれば、右側へスライドさせてマスを埋める。
しかも得点計算が入ってくるので、出来ればすでに置かれているタイルと近いほうがいい。
どの列も1つの種類1ヶ所なので、段々と取れない種類のタイルが出てくるのです。
ほほぉ・・・
なんでもかんでもじゃないところがいい。
しかも置けないと減点。

とはいえ、序盤は余裕で置けるので、むしろディスプレイ上の個数や中央に捨てられた個数重視。
取ったタイルは振り分け出来ないので、多く取るより少なく取って次のラウンドでまた取ればいい。
次に3個になったら取ろうと思っていたら、あっさり他の人に取られて悲鳴ものw
どうしてもすべてを埋めたくなるけれど、よく考えれば、横1列を完成させればいいだけ。
でも出来るだけ、先に置いたタイルと近くがいい。

序盤こそ得点が小さかったけれど、中盤過ぎればタイルも並び、得られる得点が高くなってくる。
じわじわから一気に。
これをコツコツとやっていると、気付けば勝てそうな気がしてくる。

最後はトド吉の猛追を振り切る形で、先に横列を完成させる。
ゲーム終了。
私の勝利!(珍しい)

覚えることが少なくて、でも考えどころがある。
そして見た目がかなり良い。
ただし、確実にトップだろうと思う人を叩けないのよね。
手番順が大切だけど、そこまで考えなくても良いのかな?と。
遊び様によっては、自分の後手番の人の首をぎゅーっと絞める感じになるけれど、そこまで気にするほど選択肢が狭くないというか、気にしている余裕が最初はないというか。
これくらいのアブストラクト風なら楽しいし、自分のボードを写真に撮りたくなるゲームでした。
飽きずに何回でも遊べそうな手軽さだったので、早めの国内流通を期待したいところ。