・本州
 Honshu(Lautapelit.fi:2016)


本州

より良いカードを取得して所領をつくり、得点を獲得するカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分の初期所領となるカードを受け取り、自分の前に置きます。
資源が描かれていれば、資源コマを受け取ります。
カードを裏向きでよくシャッフルし、各プレイヤーに6枚ずつ配って手札にします。
ゲームは12ラウンドで、各ラウンドはトリックテイクとマップのフェイズに分かれています。
トリックテイクフェイズでは、所領カードを取得します。
プレイ順カードの数字が小さい順に、手札から所領カードを1枚出していきます。
出されたカードの数字を見てプレイ順カードを配り直し、プレイ順で出された所領カードから1枚選んで取ります。
次にマップフェイズで、取った所領カードを自分の所領に加え、次のラウンドへ。
3ラウンド目終了時に残り手札を左隣りに渡し、6ラウンド終了時には新しく手札を配ります。
9ラウンド目終了時に残り手札を右隣りに渡し、12ラウンド目終了時、ゲームも終了します。
最終得点計算をし、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

トリックテイクにドラフトを盛り込んで、さらに自分の所領というか領地を高得点に並べるパズルライクと聞けば、なんだか全部盛りという感じがw

得点が簡単に取れそうなのが街。
つなげたマスがそのまま得点で、一番大きな街1つだけしか得点にならない。
だったら大きい街をつくってやろうじゃないの!

他の人が出したカードを眺めつつ、そっと出す。
後から出すほうが楽だけれど、3ラウンド終わったら残ったカードは渡してしまうので、あまり良いカードを残しておくわけにもいかず。
慣れない感じでカードを出しつつ、何とか所領を広げていく。
すでにある所領に1マス以上かぶらなければならず、このあたりがパズル。
そして、一番時間がかかるw

唸りながらもカードを配置して所領を広げていくと、あっという間の3ラウンド。
カードをそっと左隣りのトド吉に渡す。
私に回ってきたカードを見て愕然。
いや、みんな良いカードは渡したくないよねという見本w

実は土地の中には資源をうみだす物があり、配置するとキューブがもらえる。
上にカードをかぶせてしまえば、そのキューブは消え去るけれど、もう1つ使い方がある。
カードを出す時に、キューブを一緒に出すことで、1個あたり数字を60あげることが出来る優れもの。
しかしこのキューブ、誰かが最初に出した色をフォローしなきゃいけない。
同じ色のキューブしか出せないのです。
どうせつぶしてしまうなら、使ってしまったほうがいい。
でも所領に工房があるなら、ゲーム終了時に得点になる。
トリックテイクより、高得点の所領つくりに夢中。

折り返し6ラウンド目が終わり、新しい手札が配られる。
今度は森が出てきて、再び欲が出てくる。

森は1マス2点だし・・・いやでも街をもう少し増やすほうが簡単・・・いや工房があるから・・・

悩むことばかりw

あっという間に12ラウンドが終了し、勝ったのはトド吉。
お互いの所領を見比べてみると、トド吉の勝因はおそらく池。
そして、工房の得点の高さ。

トリックテイクでカードを取得して、自分の領地で得点を獲得するというのが、同人であった記憶。
新鮮さはなかったけれど、所領を広げていくのに、ままならない配置で悩みます。
あ、新鮮だったのは、トリックテイクフェイズでカードを出す時、最初に出されたキューブの色がマストフォローだったこと。
そこでマストフォロー使うんだ!?と驚きましたw

Honshu Board Game
Renegade Game Studios
2017-05-17