・バニーキングダム
 Bunny kingdom(IELLO:2017)


バニーキングダム

領地を広げて、黄金ニンジンを獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは自分の色を決め、すべてのウサギを受け取ります。
大きなボードは新世界。
マス目で区切られたスペースは、4種類の土地が描かれています。
隣接している各スペースはつながっていますが、溶岩で区切られているスペースは隣接と見なしません。
各プレイヤーに、規定枚数のカードを裏向きで配ります。
ゲームは4ラウンドで、各ラウンドは3フェイズで全員同時に進めます。
探査フェイズでは、手札から2枚を選んで裏向きのまま自分の前に置き、残りを隣りのプレイヤーに渡します。
次に選んだ2枚のカードを同時に公開し、カードをプレイします。
建設フェイズでは、建物をボード上に置きます。
最後に収穫フェイズで、自分の領地から収穫し、得点ボードに記録します。
そして次のラウンドへ。
4ラウンド終了後、それまでに獲得していた親書を公開し、黄金のニンジンを得て記録します。
もっとも黄金のニンジンを獲得した人が勝者となります。

このゲーム、何といっても最初の見所として、大量のウサギがかわいいw
「これはあれだね。インスタ映えするやつだね」
「ウサギがじゃらじゃらしてるだけで癒やされるね」
ゲームとはまったく関係ないところで盛り上がる。

1回目に遊んだ時は、細かくルールミスが発覚しての再プレイ。
カードを12枚ずつ配るんですが、これが割と多い。
3人だとすぐに自分が回したカードが戻ってくるので、ある程度カードを覚えておくほうが良い。

(あれ。あのカード取ったんだ・・・)

と、気付くことが出来るから。
今回は最初から強気で領地を広げます。
どんどん攻めていかないと、あっという間に割り込まれる。
カードもなかなか良くて、つながりそうな場所。
逆に野営が終盤まで出てこなかったので、最初からカードだけ勝負。
ウサギをどんどん配置していくものの、間にトド吉ウサギが割り込んでくる。

むー・・・
じゃ、仕返しにあっちに割り込んでやる!

そんなことをしている余裕はありませんw
でもやってしまうのは仕方なし。
たった1マスが繋がらずに、得点に結びつかない。
都市はある程度ウサギを置いたけれど、領地の種類が増えない。

ラウンド毎に、カードをドラフトする方向が変わるのがいい。
でも2枚ずつ取ってドラフトしていくので、割と長いかなーと思っていたら、欲しかったカードには二度と会えなかったり。

3ラウンドになり、ようやく野営が出てくる。
これで、空いているマスを埋めてつなげられる!
ただしつなげてしまうと、その場所のカードを誰にも取られないようにしなきゃいけない。
野営は所詮野営。
本来の持ち主がきたら、どかなきゃいけないわけで。
2枚しか選べないのに、1枚をそれにするのはつらいけど仕方ない。
モタモタしているうちに、気付くとあまり得点が増えない帝国が出来ている。
3が残っていると思いこんでて、山をそのままにしておいたのも痛手。
こうなると、親書も欲しい。
にんじんいっぱい欲しい!
それには4ラウンドは短かった・・・(判断間違えて後手にまわっただけ)
いたる帝国
出来上がったいたる帝国。
3の城を2つも建てて、誰もがいたるさんの勝ちを予感。
もちろん、いたるさんも自分が勝つと思っています。

が・・・

実際得点計算してみたら、なんと親書をためまくっていたトド吉の勝利。
これにはいたるさんが絶叫w
何度計算しても得点が増えず、トド吉勝利で幕を閉じましたw

1回目も2回目も、感想としてはあまり違いがなかったかな。
今回は、一度も3のカードを見なかった私。
気付くと、いたる帝国に2つ、トド吉帝国に1つ建っている。
こうなれば、細かく1で稼ぐしかないけれど、気が遠くなりそう。
ドラフトしていると、最後のほうは親書ばかりになってくるので、どれを残すか悩む。
達成出来るのかどうか、さっぱり見通しがつかないんですよねぇ。



新品ボードゲームバニーキングダム 日本語版 (Bunny Kingdom)
駿河屋
2017/10/14