・キギ
 Kigi(Smart Play Games:2014)


キギ

出来るだけ同じ枝をつなげて注文を達成し、得点を獲得するゲームです。
いたるさんと2人でプレイ。

各プレイヤーは、木の幹を1枚ずつ持ちます。
樹木カードと注文カードをよく混ぜ、裏向きの山をつくったら、表向きに3枚並べて展示列をつくります。
手番がきたら、展示列からカードを1枚取ります。
樹木カードなら任意のプレイヤーの木につなげ、注文カードなら自分の注文カード置き場に置きます。
次に得点を計算し、必要なら枝折れを行います。
最後に展示列が3枚になるよう補充したら手番終了です。
これを繰り返していき、展示列にある最後の1枚が取られ、そのプレイヤーの手番が終了したらゲーム終了です。
それまでに獲得した得点に注文カードの得点を加え、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

まずはランダムで幹を選んで自分の前に。
とりあえずは、枝をのばしていかなきゃ話にならないよね。
得点になるのは、枝に描かれている蝶や花などで、つながっている分だけ入ってくるので、出来れば同じ種類の枝をつなげたほうがいいわけで。
でも得点が10点以上にになると、枝が折れて除去しなきゃいけなくなる。
程々で色々な枝をのばしたほうがいいのかな?などと考えながら。

「この枝くっつけて2点!」

「これで5点」

「あー・・・ここで絵が変わったから2点かな」

とまぁ、こんな感じで淡々と進んでいきます。
一応他の人に枝をくっつけていいルールだけど、自分の時にいたるさんの得点を横取り出来る絵が出てこない。
こうなると、とりあえず自分のをのばすしかないわけで。

カードがめくられてくると、注文カードも出てきます。
注文カードは達成出来れば10点なので大きい。
もちろん自分が達成しそうなカードは取っていくけれど、向かい側の枝も折りたい。
なんだろう・・・どっちもどっち。
枝折れさせて得点を獲得しても、折った枝が大きい人が10点なら折る必要を感じない。
だって、折れた枝は持ち主のところへいってしまうから。
うまみが少ないというか・・・

途中、3枚とも注文カードだったり、それじゃない!という樹木が連続で出てくるも、2人だとそこまでお互いに干渉しないというか。
終わってみれば、いたるさんが勝ったんだったかな?

今年Kosmosから「KODAMA」として発売されるので、気になっていたゲーム。
2人で遊ぶなら、もうちょっとひねりが欲しかったかなぁ。
見た目はすごく良いのに、ちょっとチグハグな感じを受けたというか。
それと、都度得点をメモしていかなきゃいけないので、そこがちょっと面倒。
何か得点ボードを準備しておいたほうが楽です。