・クロンダイク・ラッシュ
 Klondike Rush(Red Raven Games:2017)


クロンダイク・ラッシュ

鉱山会社に投資して注文を達成し、お金を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードには雪山が描かれていて、各マスには獲物トークンが置かれ、線でつながっています。
各プレイヤーは、注文カード、最初の資金、収益カードを受け取ります。
スタート位置に街トークンを置き、4種類の鉱山コマを1個ずつ置いたらゲームスタート。
ゲームはターン制で、手番ごとにターンが進行していきます。
ターン開始時、手番プレイヤーは雪男フィギュアを自分の前に置きます。
そして、鉱山会社の山札の一番上を引いて競りをします。
値付けは1回で、より高くなるように値段を付け、最も高い値段を付けた人がカードを獲得。
その後、手番プレイヤーは、所有している鉱山コマを配置することが出来ます。
次の人に雪男フィギュアを渡し、新しいターンを始めます。
これを続けて、最後の鉱山会社カードが購入されたターン終了後、全員が1ターンずつやりゲーム終了。
収益カードを使っていない人は収益が発生し、ボーナス収入を計算。
もっとも所持金の多い人が、ゲームの勝者になります。

スタート地の周りを吟味。
線はルートになっていて、鉱山コマを置く時の必要金額が書かれているのです。
このゲーム、お金はとっても大切。
コマが欲しくてカードの競りでがんばってしまうと、今度はコマを置くお金がなくなる。
注文を達成すればお金は手に入るけれど、そう上手くは配置されていないのが獲物トークン。
手元の注文カードとボードを見比べて、いざゲーム開始。

4つの鉱山会社は、どれが誰のものということがないので、上手く便乗したい。
出てきたカードには、早速コマの絵が。
ルールには、序盤なら4ドルから5ドルくらいで、と書いてあったので、とりあえず4ドル。
まぁすぐに5ドルで上書きされて、持っていかれてしまう。
最初じゃやることもないので、即手番終了に。
手番というか、プレイヤー毎にターンだからターンプレイヤーか。

お金は欲しい。でも買わなきゃコマが置けない。お金は減る。
回収するには注文を達成するしかない。
でもルート構築の資金がかかる。
なんだこれw

お金は出ていく一方で、それでもなかなか注文が達成出来ない。
さらに、ゲーム終了時にしか役に立たない雪男トークンも、回収しておかないと。
ゲーム終了時、雪男トークンを多く持っている人には25ドルが入ってくるけれど、終了時まで資金が持つのか、そっちのほうが疑問。

これどうすればいいのよ・・・

最初は勢いがあった競りも、少しずつみんなの所持金が減ってくると元気がなくなる。
そりゃそうだw
資金が・・・資金が・・・
そんな時に役立つのが収益カード。
ゲーム終了時まで使わなければ、強制的に収入が発生するけれど、お金がないのは今。
ということで、使って収入をもらったけれど、持っている株ではそこまでの資金にはならない。
苦しいなぁ。

そして展開は終盤に向かい、どんどんと洗面器状態に。
金額の高いルートを誰が開けるか。
自分が開けても、得をするのは他の人。
何せ、すでにはさんだマスの両方にコマがあれば、そのルートは1ドルになる。
誰もやりたくない。
でもコマを置かなきゃ株が上がらない。

これどうすればいいのよ・・・(2回目)

悶々としたまま、気付けばゲーム終了間近。
途中、全員の資金が0円になりそうだったけれど、何とか全員生き残っている。
最後に注文を2つ達成したいけれど、その資金が足りない。
目の前のルートが開通出来ない。

最後までほんのちょっとお金が足りないおかげで、逃したのが雪男。
25ドルは大きい。絶対。
勝ったのはトド吉。

なんだろう。
終わった後、悶々として仕方がなかったというか。
お金が厳しいというより、ルートをつないでみんなで稼ごう!という展開なら楽なのに、誰も協力したがらないというか。
あと1ドルあったら、これを達成出来るのに!ということが多かった。
なんだかとっても苦しい感じでした。