戦いは3日前からはじまっていました・・・
予報によると、出発の23日は台風直撃。
最悪のシナリオを考慮して、あれやこれやと回避策をつくってはおいたものの、確定したのが前日。
台風おそるべし・・・
そして10月23日朝、今年もJALで向かうことになった我々一行は、成田空港で待ち合わせ。
空港
今回同行しているのは、このためにパスポートをつくった翔さん。

台風は何とか大丈夫そうだったけれど、今度は鉄道が遅延・運休予告。
まだまだ安心は出来ないと思ったけれど、結局は当初の集合時間に全員集合。
私たちが乗ったスカイライナーは動いたけれど、前後は運休になっていたので危なかった。
空港についてみると、私たちの前までは欠航・遅延の嵐で混雑していたけれど、奇跡的に予定通り。
これも僧侶の積み重ねた徳を消費した結果か・・・

SPONSORED LINK

搭乗口 飛行機
スムーズに出国し、ちょっと安堵感が漂う。
そして機内へ。
覗き見
ありがたい僧侶は今回、私の後ろの席w
そして、我々4人を乗せた飛行機は無事に離陸。

でも・・・滑走路を走っている時から、ものすごい横揺れでしたw
雲の上 経路
正直、離陸出来るのかな?と完全に離陸するまでは思ってました。
程なくして機内食。
機内食 機内食
これはハンバーグがあたり。
エビチリのほうは、ご飯がおいしくなかった・・・

あとはひたすら映画見たり、映画見たり、映画見たり。
毎年機内で見るのを楽しみにしているので、帰り見る分を残しながら、新しいものを2つ見ました。
昨年はシン・ゴジラ見たなぁ・・・
景色 パン
昼間飛んでいく時は、出来るだけ寝ないのも時差ボケ対策。
延々と続くロシア大陸眺めたり。
間にパンの軽食が入り、ようやくあと2時間で着陸というところで、吉野家の配給。
あと少し 吉野家
昨年も食べたので、正直感動が薄いw

フランクフルト空港
そして、予定より早くフランクフルト空港着陸。
次の戦いはここから。
今回最初の目的地は、ノイシュヴァンシュタイン城で有名なフュッセンです。
日程の都合で、フランクフルト空港駅17:35発のICEに乗らなければなりません。
しかもホテルのチェックイン期限が0時なのに、フュッセン着が23:26。
ドイツの鉄道をなめきった日程なのです。
到着は早くなるだろうという予測を元につくった移動案でしたが、何とか最初のICEに乗れることが確定。
こうなると・・・
ビール待ち
最初のビールを買ったものの、栓抜きがなくてパン屋で借りようとする僧侶w
あ、もう僧侶じゃなくて坊主になった気がする(ぉぃ
我らがレーヴェで、フュッセン到着と移動を考えて水分を確保。

最初のICEに無事乗ったものの、これが遅延してミュンヘン乗り継ぎが6分。
結果、大きなスーツケースを引いて、これでもかというほどダッシュ。
吐きそうになりながら、何とかぎりぎりで乗り込む。
そして1時間後、再び乗り継ぎ。
これに乗れたら、あとは寝ててもフュッセン。
乗り継ぎ7分をクリアして、あとは遅れなければチェックインに間に合うことが確定。
疲れがどっと出てくる。
電池切れ
もう討ち死状態。
眠気と戦いながら、何とかフュッセンに到着したものの、真っ暗でしたw
ホテルにチェックインし、部屋に入ったところで1日目終了。
ホテル
明日の朝食は7時です。