・メモダイス
 Memo Dice(Amigo:2017)


メモダイス

カップの中にあるダイスの目を当てていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

カップは3色が3個ずつに金色(というか黄色)が1個。
9個のダイスには、それぞれの面にマークが描かれています。
手番がきたらダイスを1個振り、出た目を全員で覚えて、マークの色と同じカップをかぶせます。
そして次の人の手番へ。
もうカップが残っていない色の目が出るか、最後のダイスを振った時は、金のカップをかぶせます。
金のカップを使った人から、隠されているダイス目を出来るだけ多く、順番に回答していきます。
正しければカップを獲得し、間違えたら次のプレイヤーがカップを獲得します。
そして、次の人が回答していきます。
すべてのダイスが公開されたら、カップの得点の分、ボードのコマを進め、次のラウンドへ。
誰かが20ポイントに到達したら、その人の勝利でゲーム終了となります。

ダイスを振って出目を覚えておく。
そして、それを当てる。
うん、簡単。

ということで、早速スタート。

「これ・・・鳥?小鳥?」
「小鳥かな?」

そしてダイスに青いカップをかぶせる。

「ヘッドフォン!」

再び青いカップ。

「時計!」

今度は赤いカップ。
とまぁ、順番に並べていくんですが、自分では覚えているつもり。
ところが、意外に覚えてないのを証明するのが回答。
金のカップをかぶせたのがトド吉だったので、回答するのはトド吉から。

「鳥!」

青いカップを取って自分の手元へ。

「・・・なんだっけ・・・わからない!」

青いカップはヘッドフォン。
私がカップをもらって、続きから回答。
人が回答に悩んでいるとその答えを知っているのに、自分が回答していると思い出せない。
頭文字でささっと覚えていたはずなのに、それが何なのか思い出せないとかw
当たった時はすごくうれしいのになぁ。

トド吉が調子良かったのも最初のうちだけ。
ラウンドを重ねる毎に、どんどん記憶力低下。
最後は私が堂々の20ポイントを超えて勝利!

集中して覚えていようとしても、ちょっと違う話をしたり、違うところに目がいくと忘れてしまうというw
でも多少忘れていたほうが、ゲームとしては楽しいし、いい勝負が出来ます。