・スルタン
 Sultan(Queen Games:2007)


スルタン

出来るだけ価値の高い宝石を集め、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央にボードを広げたら、各プレイヤーは自分の色を選び、衝立とお金カードを受け取ります。
お金カードはよくシャッフルし、自分の前に裏向きの山にして置き、5枚引いて手札にします。
ゲームは3セットで、1セットは5ラウンドで構成されています。
各ラウンド、まずスタートプレイヤーが袋から宝石を4つ引き、3つを各クッションの上に置いて残りは捨てます。
次にスタートプレイヤーから順に、手札から1枚を裏向きにしてクッションに置きます。
すべてのプレイヤーがカードを置いたら、置かれたカードすべてを表向きに。
クッションを1つずつ解決し、数字の大きい人が宝石を獲得します。
獲得した宝石は衝立の後ろに置き、スタートプレイヤーを次の人に回して、次ラウンドをはじめます。
全員が5枚の手札を使い切ったらセット終了。
再びカード山から5枚引いて手札にし、新しいセットを始めます。
15枚すべて使い切ったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

今回は2人プレイなので、2人用特別ルールで。
2人プレイでは、3枚のカードを除外した2色を持ってプレイします。
そして、4ラウンドのセットを3回。
手札は8枚ですが、2色が混ざった状態。
ラウンドの手順は通常と同じですが、違うのはカードを出す時。
異なるクッション2ヵ所にカードを出すので、カードプレイが2枚になります。
あとは終了時のボーナス得点に変更があるくらい。

まずは袋から宝石を取り出す。
高い青が出ているけれど、ここはあえて青を捨ててみる。
手札の数字も高めだけれど序盤から急ぐこともないかな。
そう考えていました。

手札からしか選べないかわりに、出ていないカードはこの後出てくる。
2人プレイだと最大数字が12なので、そこだけよくチェックしておかないと。

「じゃ、こことここ」
「じゃぁ、これとこっち」

一斉にオープン。
ほほぉ・・・そこは数字が小さすぎるから捨てカードか・・・

お互いの出方を窺っているうちはとても静か。
高い数字を出したほうが宝石を持ち帰る。
序盤はどんな宝石だって欲しい。
それでも青い宝石がクッションに置かれると熱い。

ここで出してくるってことは、高い数字を出しているに違いない・・・

いや、それが嘘で実は小さい数字なのかも・・・

どっちだ・・・どっちだ・・・

10秒くらい心の葛藤がありつつも、使えなそうな低い数字で応戦。
そしてオープン。

「がー!せっかく高い数字使ったのに!」
「ふっふっふっふっふ」

トド吉が使ったカードの数字と色は覚えておく。
あのカードは二度とゲームには戻ってこない。
なら、ここぞって時には上書き出来る。
私がいいタイミングでカードを引けさえすれば!

本当にあっという間。
最後のセットも大詰めを迎え、お互い使ったカードを少しは覚えている状態。
これまでに獲得した宝石を見るも、1個ずつ足りない色が多い。
何とかして良い宝石を取りたいなぁ・・・なんて考えていたら、きた!高い数字!
顔に出さないよう、こっそり静かに高いカードを置く。
トド吉も察知したのか、それとも単純にカードがないのかわからないけれど、悩んだ挙句、こっそり出してくる。
いざ勝負!
開けてみると、確かに私が2個とも獲得なんだけど、結局は宝石集めボーナスで負けることに。

なんか、予想していたよりあっさり。
でもよく考えたら、これ10年前のゲームだw
購入してすぐに遊んだけれど、何となく忘れてしまい遊んだけれど、感想は過去と同じでした。
カードを出していくだけなので、実はすごく簡単。
宝石の得点を気にしつつ、どのカードを温存するのかがポイントなのかな。