・大漁だ
 Schollen Rollen(Amigo:2017)


大漁だ

ダイスを振って、出来るだけ多くの魚を確保していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

人数に応じた、赤のシタビラメを準備し、黄色のシタビラメと一緒にテーブル中央に置きます。
手番になったら、まずダイス4個を振ります。
振ったダイスに1つもシタビラメがなければ、即手番終了。
少なくとも1つシタビラメが出ていれば成功。
漁獲分を確保して手番を終えるか、再度ダイスを振って漁獲量を増やすかを選びます。
振り直す場合は、青の出目は避け、残りを振り直します。
少なくとも1つシタビラメが出ていれば成功なので、再び続けるか終わりにするかを選びます。
漁獲分を確保するか、失敗したら次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かが最後のシタビラメをテーブル中央から取ったらゲーム終了。
シタビラメのポイントを計算し、もっとも高い人が勝者となります。

ダイスを振るゲームは、熱くならないはずがない。
振り直しが出来るとなれば、自然に熱が入るわけで。

まずはダイスを振る!
出目は青のダブルが1つに、残りはシタビラメ。
これはいくしかない・・・
青のダイスは振り直し出来ないので横に避けて、残りを振る!
再び青のダブル。
ダブルが2つで2倍の2倍。
これは・・・ここで諦めようw

「3匹が2倍の2倍で12匹ゲット!」

調子がいいのは最初だけ。
この後は、みんながバンバン確保しているのを眺めているだけ。

「なんで私だけ魚が増えないのー!」
「そりゃ、途中で止めないからだよ」

いや、それは知ってるけど・・・いっぱい欲しいじゃないw
少しは諦めることを実行してみよう。
そうはいってもダイス目。
言うことをきくはずもなく。
みんなが取り合っているのを眺めていたら、突如その瞬間はやってくるのです。
不思議とダブルの目が出始めると、水の目が出てこない。
そして残りはシタビラメ。
どんどん魚を確保し、気付けばおやじさんと首位争い。
これは・・・勝てるんじゃないの!?

「釣り針だ!魚もーらい!」

横からトド吉に魚をとられても気にしない。
次の手番でまた魚を確保すればいいんだもの。

そして最後は、残った魚をきれいに確保していったおやじさん。
僅差でおやじさんの勝利。
きぃぃぃぃ!悔しい!勝てると思ったのに!

手軽なバースト系のダイスゲームです。
欲が出れば出るほど、バーストしてしまうのはお約束。
4人だとちょっと長く感じるところが気になりました。
でも短すぎると逆転の可能性がなくなるし、ダメな時は何をしてもダメなので、時には勢いも大切ですw