・サンゴの森のなかまたち
 Tief im Riff(Amigo:2017)


サンゴの森のなかまたち

協力して、珊瑚礁に隠れている生き物を発見するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードにはきれいな珊瑚といくつかのマス、マスにつながる道が描かれています。
タイルを裏向きにしてボード上に配置し、魚コマ4個をスタートに置きます。
手番がきたらダイスを振り、出た目の数だけ任意の魚コマを移動させます。
移動はマスからマスへ、赤い矢印に従います。
移動先のマスにいる魚コマの数を見て、同じ数の泡が描かれたタイルを表向きにします。
そして次の人の手番に。
これを繰り返し、スタートと同時にゴールでもあるマスに、すべての魚が戻ってきたらゲーム終了。
すべてのタイルを表向きに出来ればプレイヤーの勝利、未発見のタイルが残っている場合にはプレイヤーの敗北です。

ダイスを振って進んでいくけれど、道中で全部のタイルを表向きにするのが目的。
早速ゲームスタート。

「ダイス振るねー!」

最初は3。
まぁ3なら何とかなるし、最初ならどの魚でも良さそう。
ちょろちょろ3歩使って、泡が1つ描かれているタイルを表向きに。
2や3、4つ泡が描かれているタイルをめくるには、同じマスに同じ数の魚が必要なのです。

そして、次のダイス目は4。
惜しい!
やっぱり泡が1つのタイルを表向きに・・・あれ?
これ意外に難しいんじゃ!?
魚コマが4つ揃っていれば、泡1つのタイル4枚とかやりようがあるけれど、魚コマ1つじゃやれることが決まってる。

序盤から中盤までは、何とか1つのマスに魚を集合させようと知恵を絞り合う。
この道はどうか、このルートならここに入れる。
正直、どんな生き物が描かれているのか、気にしてる余裕がないw
見ているのは泡の数と、ボード上を移動していってる魚だけ。
だからこそ、泡4つのタイルがめくれるとかなりうれしい。

じりじりと魚を進ませ、タコが描かれたマスを目指す。
タコのマスは、次に出発する時6の目が出ると、任意の数字にすることが出来る。
6!
こういう時には出ない6!

それでも後半に差し掛かる頃には、もしかしていけるんじゃ?という空気に。
残る泡タイルも少ない。
これならいける!

そう思った時でした。

「うわ!5!」
「あー・・・諦めるしかないね」

進みすぎ。
まだ泡4つのタイルが残っているので、先に進みすぎると無理になる。

「あ!6!」
「3ぐらいがいいんじゃない?」

タコ出発の時は自由なので、ありがたい6。
そして・・・なぜか5が連発し、少しずつ空気が重くなるw
最後の最後まで希望は捨てなかったけれど、すべての生き物を見つけられず魚コマがすべてゴール。

「ちょっ!これ難しいよ!」
「あそこで5が連発しなければ・・・」
「なんか必死に考えてて頭使った感が・・・」

はい、失敗w
惜しい・・・本当に惜しかった。
成功すると思った瞬間、ダイス目に裏切られた感じw

このゲーム、最初に思ったのはボードがすごくきれい。
色遣いが華やかです。
そして、タイルに描かれている海の生き物が28種類。
でも見た目と違い、ルールは簡単なのにダイス運が半分くらいを占めるような。
ダイス目は言うことをきかないとは言え、回り道をしたり、全員で必死になって頑張ったけれど、最後になって連続で5が出るとか、もう苦しすぎましたw

2017年にランドルフ作!?と驚いたんですが、『Der Rattenfanger von Hameln(1993)』のリメイクでした。
元ゲームはまったく知りませんw