・キャプテン・リノ:スーパーバトル
 Rhino Hero: Super Battle(HABA:2017)


キャプテンリノ スーパーバトル

他のスーパーヒーローと決闘しつつ、最上階を目指してメダルを獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲームボード3枚を並べ、建設地をつくります。
床カードを裏向きでよく混ぜて山にし、建設地の横に3枚公開します。
各プレイヤーは自分のヒーローを決めて、コマと床カード3枚を受け取ります。
手番がきたら、手札から床カードを1枚選び、カードに描かれている壁をストックから取ります。
ルールに従って壁を置き、その上に床カードを置きます。
スパイダーモンキーが描かれていたら、床の端にスーパーモンキーをぶらさげます。
そしてダイスを振って、出目の数だけ自分のコマを登らせ、最後に床カードを1枚補充したら手番終了。
登った先に他のヒーローがいれば決闘になり、手番終了時に自分が一番高いところにいればメダルがもらえます。
これを繰り返し、誰かがビルを崩すか、床カードを補充できなくなったらゲーム終了。
メダルの持ち主が勝者になります。

キャプテンリノの難易度がどのくらい上がったのか、期待上々でゲームスタート。

最初はおとなしく。
嫌がらせするにはまだ早いw
床が長くなったので、ちゃんと考えて壁を置かないと、そもそも組み立てられないという。
そして、壁と床を置いたらヒーローの移動。
ダイスを振ると、なんと0!
・・・登れないじゃない。

横に広く出来るので、中盤までは横長のビルのまま。
問題はダイス目。
おやじさんやトド吉はどんどん上を目指してメダルの奪い合いしているのに、ママと私は永遠に0階w
いつになったら登れるかわからなくなってくると、上に登っていく人を止めたくなる。

わざと壁1枚の床カードを選び、ぐらぐらの床を設置。
これで、2人の勢いも止まるはず。
その間に着実に登っていくしかない。

曲者なのがスパイダーモンキー。
床の端にしっかり引っかけないと落ちる。
拾ってやり直す時に、うっかり壁に触るとビルが揺れる。
あぶない!

私が置いた床は、登っている2人に大不評w
そのために置いたんだから仕方なし。
ビルが高くなってきて、壁が増えてくると意外に便利なのが、壁の高さが違う床カード。
長いほうは下から、短いほうをすべて置かれた床の上に置けば、水平な床が出来る上に、さらに高くなる。
何とか登ってみれば、先客がいて決闘。
決闘はお互いにダイスを振って解決なので、いたってあっさり。
負ければ1段降りなきゃいけないんだけど・・・

私とママは、1階と0階を行ったりきたり。
このビル、ちゃんと登れるの!?状態。

結局、ママがビルの一部を崩したところでゲーム終了。
メダルを持っていたトド吉の勝利。

何がつらいって、建てたビルに登れないこと!
たまに2が出て登ったと思ったら、次の手番で−1が出たり。
高く建てられるのに、自分が登れないがっかり感w
想像していたより難しいというか、元のキャプテンリノとは別ゲーム。
自分のコマを最上階に置くために、頑丈なビルが欲しい。
でも他の人には登って欲しくない!
予定では、自分のヒーローはもっと上段にいるはずでした・・・w
これはこれで楽しい。
誰かの手番をじっと見つめるのではなく、ひたすら自分の床カードと建設中のビルを見比べていました。
あと、見栄えがとてもいいです。
プレイ中、良い場面になると「インスタ映えするね!」と撮影タイムが入りましたw


高円寺0分すごろくや ゲーム紹介:キャプテン・リノ:スーパーバトル / Rhino Hero - Super Battle