・野菜畑
 Veggie Garden(Quick Simple Fun Games:2017)


野菜畑

野菜を育てて、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードは共用の畑で、外周には支柱タイルを置きます。
野菜カードをよく混ぜて、裏向きの山にしてボードの隣りに置き、4枚を収穫エリアとして並べます。
畑に野菜カードを並べ、各プレイヤーに2枚ずつ配ったら、ゲーム開始。
手番がきたら、収穫エリアからカードを1枚取って自分の前に置き、選んだ野菜の効果を実行します。
実行後、カードを手札に加え、収穫エリアにカードを補充したら手番終了。
これを繰り返し、6ラウンド終了後、収穫エリアから1枚ずつ補充してゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

受け取った最初の2枚を見て、効果を確認。
得点は野菜の種類でボーナスが入るのと、畑の支柱タイルの数字が野菜1枚あたりの得点に。
最終的に8枚+1枚しか持たないので、同じ野菜に寄せつつ、種類も集めたいという両方狙い。
まぁ、そんなうまくはいかないわけでw

トド吉がトマトを集めていない感じだったので、トマト狙い。
トマトは畑の野菜を収穫エリアの野菜と入れ替えられるのです。
ならば、豆でも植えておくか?と、豆を置く。
お互い自分が集めている野菜に寄せるのは、こういうゲームならよくあること。

そして、ウッドチャック。
ウッドチャックは、畑の野菜同士を入れ替えることが出来るのです。
これ、すごく重要。
なぜなら、畑中央の4ヵ所は堆肥エリアで、ここにある野菜カードは0点なのです。
支柱を入れ替えたとしても、堆肥エリアなら0点。
静かな攻防が続きます。
とはいえ、2人なのでお互い野菜も似たり寄ったり。
支柱もそこまで入れ替えることもなく、いかに得点を獲得するかという流れに。

あっという間に6ラウンド目。
手番が最後なので、どうしたら出し抜けるか考える。
考えて、考えて、野菜を入れ替えたまではよかった。
そしてゲーム終了となり、、最後に収穫エリアからカードを1枚ずつ取る。
ここでもまだ気付かなかったのです・・・最後に取り替えたのが自爆ということに。

「得点似たような感じだね。てことは、じゃがいもとトマト勝負かー」
「うん。そのトマト0点ね」
「あぁ!?」

お互い5種類を達成して、他の野菜も同じ得点。
残りは野菜1種類勝負。
ところが、最後に野菜を取り替えたことで、私の得点が下がってしまったという。
悔しいけれど、パブリカトド吉の勝利。
じゃがいもに嫌がらせしたはずが、自分のトマトをダメにしていたとは。

単に野菜を揃えるだけじゃなく、支柱の数字を移動させて、自分だけが得をするようにもっていかないとだめなのかも。
野菜ばかりに集中していると、得点が伸び悩みます。
もう少しゆっくり考えて、手番のアクションをやればよかったw