・ココ カピターノ
 Coco Capitano(HUCH!:2012)


ココカピターノ

ダイスを振って島をまわり、お宝を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

島を並べてココ=カピターノ、サル、海賊ジョーを配置し、中央にお宝を山積みにします。
お宝は種類に関係なく、それぞれ1個から3個が描かれています。
手番がきたらダイスを2個振ります。
まず海賊サイコロを見て、出た目で海賊ジョーかサルを動かします。
次にカピターノ用サイコロを見て、出た目の数だけココ=カピターノを進めます。
ココ=カピターノが到着した島に、海賊ジョーかサルがいたら、何も得られず手番終了。
どちらもいなければ、中央のお宝を1枚確保して、自分の前に置きます。
手番を続けるか、ここでやめるか選び、やめる場合はお宝を獲得。
続ける場合には、再びダイスを振るところからはじめます。
これを繰り返し、誰かが最後のお宝を獲得したらゲーム終了。
獲得したお宝の数を計算し、もっとも多い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

まずは均等に距離をとって、カピターノと海賊、サルを配置。
そして、ダイスを振る。
まずは海賊サイコロ。
海賊が2歩前進するも、サルは動かず。
そしてカピターノサイコロ。
運よく1が出てたので、1歩前進。
後ろから海賊来てるし、前にサルがいるけれど、まだいける!

「このまま続ける」

そしてダイスを振る。
またしても海賊がが前進。
そして自分も前進するも、目の前にはサルが。

(ぎりぎり1ならセーフ・・・1ならセーフ・・・)

こういう時、お宝に目がくらむのは仕方なし。

「もう1回!」
「いや、あぶないでしょ」
「いけるいける!」

お宝2枚を自分の前に置き、三度目の正直でダイスを振る。

が!

海賊が2歩進んで、サル動かず。
そしてカピターノは前進してサルと同じ島に。

「はい、ざんねーん!」

今までに確保したお宝を全部戻す。
いけると思ったのに・・・

こんな感じでゲームを続けていくと、お互いバーストだらけで、ちっともお宝が減らない。
これは、まじめにやらないと減らないやつだ。
いや、常にまじめにやっているけれど、つい欲が・・・

そして、毎手番バーストし続けた私のおかげで、トド吉が余裕のお宝獲得。
悔しい。
でもなぜかいつもサルか海賊が島にいる。
少し憐みの目で見られながらも、少しずつお宝を獲得していったものの、大量に持っていたトド吉に敵うはずもなく。
トド吉の勝利。

こういうゲームを大人が遊ぶと、物足りなさがあったりするけれど、これはサルと海賊の2つが動くので、予測出来ずに悲鳴があがって楽しかったです。
ルールも簡単だし、ちょっと盛り上げたい時に良いかも。
島の数が少ないので、いつまでも手番を続けているとバーストしてしまうのもよかったです。