ゲッサンで連載中のボードゲーム漫画「放課後さいころ倶楽部」。
本日発売されたのが10巻。
なんと!! ついに!! 2桁突入です。

.☆.+:^ヽ(∇^*)o【♪祝10巻♪】o(*^∇)ノ^;+.☆.

今まで単行本が2桁こえたボードゲーム漫画ってなかったはず。
これはとてもすごいことだと思うのです。
ということで、まずは表紙。
放課後さいころ倶楽部
後輩コンビがアグリコラで迎えてくれます。

放課後さいころ倶楽部
今回遊ばれているのがこちらの5ゲーム。
早速ページをめくってみます。

中道先生の写真がダイ○ンの掃除機になっている表紙をめくれば、店長の筋肉アピールがお出迎えw
今回の内容を抜粋すると、『禁断の砂漠』からスタートし、『セレスティア』で猫の爪を切り、『パッチワーク』で恋の予感を過ぎて、『カルバ』で闘い、『アグリコラ』で円満(?)解決的な?
てか、恋愛濃度というか純愛濃度というかがかなり高いですw

アサラ
お店では、さりげなく中道先生お気に入りのアサラが売られていたり。

1コマ
神社で『パッチワーク』を遊ぶとか。

そして巻末には、『お気に入りTOP5』。
栄えある1位は「カルカソンヌ」でした。


〆では、多忙で遊べない中道先生が号泣していました。
連載作家あるあるですねw
 
帯でも紹介されていましたが、10巻発売を記念して、9月30日には大規模なイベントが開催されます。
小学館&すごろくやイベント:「放課後さいころ倶楽部」コミックス10巻発売記念
 【ようこそ!さいころ倶楽部へ!!】
(クリックでイベント詳細ページへ)
広い会場で、今まで作品に登場したボードゲームを遊んでみる企画。
それぞれのゲームは、販売元の協力で説明付き。
原画などの展示もあるらしいので、ファンには見逃すことが出来ないイベントです。