・ヤムヤム
 Yam Yam(Zoch:2017)


ヤムヤム

食料を集めて冬眠するカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のハリネズミカードを4枚持ちます。
食料カードと冬カードは、裏向きでよく混ぜて山にしておきます。
手番がきたら、カード山の一番上をめくります。
食料カードだったら、自分の起きているハリネズミの数が食料の数以上だったら、食料を獲得します。
起きているハリネズミが足りなかったら、食料を捨て札にします。
そして、ハリネズミを1枚だけ、冬眠させることが出来ます。
冬カードをめくったら、テーブル中央に表向きで置きます。
これを繰り返し、冬カードが4枚出てイラストがつながったらゲーム終了。
すべてのハリネズミを冬眠させることが出来た人が勝者となり、複数の人がすべてのハリネズミを冬眠させていたら、もっとも多く食料を集めた人が勝者になります。

ハラハラドキドキの冬眠レース。
冬眠することも大切だけど、みんな冬眠しそうだから食料も獲得しておかないとね!
というゲーム。

最初はもちろん4匹とも起きているので、食料が出てきても安心。
変わるのは、1枚目の冬カードが出てきてから。

「まだ3枚あるし!」
「とりあえず1枚冬眠させようかな」

このあたりで、性格が見えるような見えないようなw

「食料・・・あ!さっき1匹冬眠させちゃったから足りない!」
「はっはっは!残念!」

こんな感じでゲームが進んでいきます。
そして、冬のカード2枚目が出たあたりで、そろそろ本格的に冬眠させなきゃ!という空気。

「まだまだ大丈夫!」
「いけるいける!」
「いやあぶないでしょ」

こういう時に限って、2枚続けて冬カードだったり。
一気に空気が変わります。
がんばって起きてて食料を集めたとしても、全員冬眠出来ていなきゃ意味がない。
まさに『どうする?』状態。

そして、全員冬眠させた後で、いい食料を引いて泣く泣く捨てたり。
終わってみると、全員冬眠させていて、食料差で勝ったのはおやじさん。

イラストの可愛さもあり、いつ冬眠するの?という判断をさせたり、それでいてプレイ時間は15分程度。
わいわい家族で楽しむのにも向いてると思う良ゲーム。
その昔、ゆかいなさかなで通販した「ハリネズミカードゲーム」があるんですが、それのリメイクかな?と。
あの時はチェローナから出ていましたが、今回はツォッホでした。