毎年、大阪市内で開催されているボードゲームのフリーマーケット。
今年で第7回ということで、「関西のフリマってどんな感じなんだろう?」を確かめるため、行ってきました。
外観
今回の会場は『すみのえ舞昆ホール』。
はっきり言って、土地勘ない人にはちょっと難易度高め。
ジョルダン先生が教えてくれた通り、西梅田から地下鉄で住之江公園まで。
そこからは運良くバスに乗れ、スムーズに住之江区役所到着。
公園駅からは徒歩でも行けます。
実際、帰りは歩きました。

区役所敷地横の自販機が、50円でジュースを販売しているのに驚きつつ、建物にはいり2階へ。
すでに開場していたので、入口でお茶を飲んで休憩。
というのも、今朝出る時の関東は寒かったんですが、大阪は暑い!
そして、会場内へ足を踏み入れてみると、左を見ても・・・
会場内
右を見ても・・・
会場内
人がいっぱいw
とりあえず主催ブースで遊んでいたら、いつの間にかTTB氏がいてマイクを持っている。
あー!と思ったのも遅く、館内に来ていることが知れ渡るという。
こっそり行ったのにw
でもおかげで堂々と写真を撮ることが出来ましたし、マナー違反の人は写真にぼかしを入れなくていいと言われました。

とりあえず1周してみようと思ったけれど、人が多い。
会場内 会場内
ステージ前にイスが置かれ、休憩所として利用できるようになっていました。
休憩所
わとブースがDDTの隣りだったので「くじはまだ?」と聞く。
そして14時という情報を得る。
一旦休憩だ!と会場を出ようと思ったら・・・
スタッフ
輝くスタッフ名札を下げたカワサキ様。
貢ぎ物忘れた!
少しおしゃべりをして会場を出たけれど、まだまだ人がはいっていきます。
外観

休憩して会場に戻ってみると、間もなくDDTくじがはじまるとのこと。
早速並んでみました。
並んでいる間にもどんどん列はのびていき、いよいよくじ開始。
かなり長蛇の列だったので1回ずつ引きましたが、2人ともガム(チューインガムっぽい箱のゲーム)でしたw
列
わたしたちが終わった後でもこの列。
くねくね曲がっているので一見すると多く見えませんが、かなり中まで並んでいました。

私にとってフリマのメイン、くじを引いてしまったので、残るはオークション待ち。
バネストブースを覗いて無慈悲箱を覗いたり、新作のカードゲームを購入したり。
以下、会場内の様子(クリックで少し大きくなります)。
会場内 会場内
会場内 会場内
会場内 ちらし
そしてオークション開始。
オークション
TTB氏の進行が上手だし、1つ1つすべてのゲームを説明しているという。
素直にすごいな・・・と思っちゃいましたw
インフォメーションやエナジーポーカー、スプロッター社のバスとか。
いくらまで上がるのか値段が気になって仕方がなかったので、最後まで見学。
もっとも、途中からは反対側の主催ブースから見ていましたがw

オークションが終われば、今回の目的はすべて達成したも同然。
ボ育て2号を買いに行ったら前田部長がいたり、バネストで新作のカードゲームも買ったし、無慈悲箱もあさったし。
たなごころベビーがすごく可愛かったw
16時頃には会場を後にし、最後に喫茶店でコーヒーを飲んで帰りました。
さすがに少しは人が減っていましたが、まだまだ熱気も人も十分でした。
関西のフリマは、関東とは雰囲気も違って楽しかったです。
やはり地域の特性ってありますよね。

ちなみに、私がDDTくじで狙っていたのがこれ。
サメ
当たらなくてしょんぼりしていたら、なんとガムと交換してくれるという優しいお方が!
キャロルさん、本当にありがとうございました。
無事に連れ帰ったことを報告いたしますw
購入したもの
持ち帰りを考えて少し購入したものと、たなやんにもらった美味しいらしいカレー。