・ターゲット
 Targets(Zoch:2017)


ターゲット

ダイスを指で弾いて、得点を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブルにはディスクを3枚並べ、各プレイヤーは自分色のダイス3個と土台を受け取ります。
ダイスは土台の上に積み上げておきます。
手番がきたら、自分の台の一番上のダイス1個をディスクめがけて弾きます。
全員が弾くダイスがなくなったら、ラウンド終了。
得点ディスクの分配を行い、自分のダイスを再び積み上げたら次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが4勝利点獲得したら、その人の勝利でゲームが終了します。

以前2人で遊んで、正直すごくつまらなかったのでドキドキでした。
まずはダイス3個を積み上げ、準備完了。
あとは中央のディスクへ向かって、ディスクを弾くだけ。

が、上手くディスクに乗らない。
他のみんなも上手く乗ってないので安心w

2周目、さすがに狙わなきゃってことで、ちょっと力加減強めで弾く。
おやじさんのダイスにぶつかって、何とかディスクへ。
ここで、ぶつけられたおやじさんのダイスの目が変わってしまい、2個あるダイスがゾロ目に。

「あ!ゾロ目になった!」
「おっ。じゃこっちを回収」

弾いたダイスを再利用出来るのは、テーブル上でゾロ目になった時。
ゾロ目になったダイスの片方を回収し、再び土台の上に積み上げて使えるのです。
自分のダイスはディスクに乗ったものの、何となく負けた気分(ぉぃ

でもそんなことは気にしていられない。
他のダイスにぶつけても、自分のダイスをディスクに!

「あ!ぶつけたらディスクに乗っちゃった!」
「ラッキー!」

油断ならない・・・
むしろ、私のダイスに誰かぶつけてよ!アピールw

全員がダイスを使い終えて、ディスクの分配。
このディスクこそが得点。
ラウンド終了時に持っていたら1枚1点。
でもこのゲーム、ディスクを受け取っても安心は出来ないのです。
以降のラウンドでは、このディスクを死守しないと得点に結びつかないのです。

「あのディスクにダイス乗せたらもらえるの?」
「そうそう」

狙われてる!!w
しかも、割とみんなダイス弾きが上達しているので、本当に油断出来ない。
コツコツと中央のディスクめがけて弾いていると、横からまっすぐ中央に入ったダイスが。

「すごっ!」

中央のゴールに入ると、すぐに1点もらえるのです。
狙って入るものでもないけれどw

中央を狙う技量はないので、ひたすらディスク上狙い。
ダイス3個しかないと、ゾロ目が出ないとつらい。
でもダイスを弾くのは楽しいし、一喜一憂するので盛り上がる。

・・・盛り上がる・・・あれ?

そして、このダイス弾き競争で勝ったのは、なんと私!
みんなに拍手してもらっちゃったw

このゲーム、Blackrock Editionsから出ていたゲームがZochから出たもの。
終了後、おやじさんに言ってみる。

「昔、2人で遊んだら、くっそつまらなかったんだけど、何かルール間違ったかな?」
「このゲームね、ルールの書き方がそりゃひどかったよ」
「うーん・・・それは怖いやつだw」

今回、4人で遊んでみれば少しは印象変わるかも?と思っていましたが、4人なら楽しい。
というか、普通に盛り上がって楽しく遊べる。
2人は本当につまらなくて、淡々と作業しているようだった思い出。
最大6人まで可能なので、人数は多いほうが絶対いいとは思う。
むしろ、2人からにしなければ、そこまでつまらないって思わなかったのに・・・
4人以上がおすすめですw