・キャプテンシルバー
 Captain Silver(Queen Games:2017)


キャプテンシルバー

プレイヤーは海賊となり、袋から必要なアイテムを取り出していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

宝島ボード、火山島ボード、大洋ボードをつなげて、大きなボードをつくります。
各プレイヤーは、自分色のアイテムを袋に入れて持ち、自分色の船を宝島ボードのスタートに置きます。
ゲームは全員同時に、袋からアイテムを取り出して、大洋ボードに配置していきます。
大洋ボードは4つの火山に沿って列になっていて、スタートマスからから順に空いているマスのアイテムを置きます。
各マスには1つしかアイテムを置けません。
袋から出したアイテムは、袋に戻すことは出来ません。
いずれか1つの列で、最後までアイテムが置かれたらラウンド終了。
順番に置かれたアイテムで得点計算をしていき、得点計算終了後、アイテムを再び袋に戻して次のラウンドへ。
3ラウンドの得点計算が終わったら、ゲーム終了。
最終得点計算を行い、もっとも得点の高い人が勝者になります。

「出航だ!」

合図と共に、一斉に袋に手を入れアイテムを探る。
目で見ていると見分けがつきそうなのに、実際手だけでは難しい。
見つけた!と思って取り出してみると、狙っていたものとは違ったアイテム。
置けるところはどこだ!?と探して、素早く大洋ボードに置く。
早い者勝ちなので、先に誰かが置いてしまうと置き場所がなくなる。
置き場所が出来るまで持っていてもいいけれど、その間にも他の人はどんどん置いていくわけで。
そんな時は、アイテムを火山に捨てる。
罰金になるけれど、時には捨てるのも必要。

「到着!」

誰かがいずれかの列の最後にアイテムを置いたら終了。
そして得点計算。
大洋ボードは、置いた場所によって入ってくるものが違います。
中でも熱いのが、宝島ボードに置いた自分の船。
描かれた分だけ船を進めて宝島に到着すると、宝箱を全部見て、選んで獲得することが出来るのです。
これが大きい。
しかも後になれば、いい宝箱は残っていない。
出来るだけ先に、誰よりも早く取りたいわけで。
捨てたタイルの罰金を払って、次のラウンドへ。

よし、わかった。
これはモタモタしてたら、あっという間に列がうまって何ももらえないやつだ!

袋にアイテムを戻したら、袋をよく振って、次のラウンド開始。

「出航だ!」

今回は、狙っていたアイテムと違うアイテムを取り出してしまっても、ちょっと待ってるとそこまでマスがうまってきて置ける。
狙っているのはみんな同じなので、こういうやり方もあり。
そして、かなりのアイテムを置くことが出来て、大満足でラウンド終了。
たまには「到着」って言いたいなぁと思いながらw

運がいいのか、船を動かせるマスにアイテムを置くことが多く、どんどん移動する私の船。
こっそり見ては、もう高い得点の宝箱はないなぁと考えたり。
じわじわと増えたお金も結構貯まった。
やはり細かくアイテムを置ければ、罰金払っても大丈夫w

そして運命の最終ラウンド。
3ラウンド目は慣れたこともあり、全員アイテムを取り出すのが早い。
考えている暇はない。
置けなければ捨てて次!
ひたすらアイテムを取り出して置き、夢中になっている間に「到着!」の声。
外周回りの航路には、まだいい宝箱があったはず。
ささっと船を移動させ、宝箱獲得。
先に行った者勝ちですからw

そしてゲーム終了。
勝ったのは私(だったはず)。

今年のドイツ年間キッズゲーム賞ノミネートでした。
ゲーム中「アイスクールに負けたゲーム」と呼んでいたのは内緒w
わちゃわちゃしていて楽しいんですが、大人と子供が混ざって遊ぶのはつらいかな?
大人は大人同士でスピーディに、低年齢の子供は低年齢の子供だけで遊んだほうが楽しめるかも。