・ゴブリンとドラゴンの卵
 Dicey Goblins(Renegade Game Studios:2016)


ゴブリンと竜の卵

ドラゴンが眠る洞窟で、気付かれないよう多くの卵を入手するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央には、ダイスを置くための小さなボードを置きます。
ボードには、ドラゴンの卵、足跡、死亡の3ヵ所が描かれています。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは終了条件に達するまで、プレイヤーの手番が続きます。
手番がきたら、まず袋からダイスを2個取り、ボード上の足跡に置きます。
まだ逃走していないプレイヤーは、探索か逃亡を秘密裏にトークンで選び、全員が選んだら一斉にオープン。
逃走を選んだプレイヤーが1人の場合、ドラゴンの卵から任意のダイスを1つ獲得します。
複数人いた場合は、全員平等にダイスを配りますが、取れなかった場合はストックから1コインもらいます。
最後の1人が逃走を選んだら、ダイスを2個獲得出来ます。
探索を選んだ場合、足跡に置いたダイスを全て振り、出目でそれぞれの場所に振り分けます。
ただし、死亡が3個になったらラウンド終了となり、探索中のプレイヤーは何ももらえません。
他にも、全員が逃亡したり、振るダイスがなくなればラウンド終了で得点計算。
再び新しいラウンドをはじめ、6ラウンド終了時か誰かが18コインを獲得したらゲーム終了。
もっともコインを多く持っている人が、勝者となります。

ダイスには、金銀銅の他に赤のダイスがあります。
金銀銅は卵の分だけコインをもらえますが、赤はストックではなく、他のプレイヤーの所持金から奪います。

まずは袋から2個のダイスが出される。
金と銀。
でもまぁ、序盤は失うものもないし、これじゃ引き下がれないよね。
そして次の手番でダイスを2個を取り出す。

(さっきの金も持ち越されているし、金がもらえるならありじゃないのか?)

葛藤が表に出てきてしまいます。

「まだまだー!」
「だよねー!」

進んで進んで、最後に死亡3個で脱落が王道(?)。
それではゲームに勝てない。
だからこそ、口では適当なこといいながら、実際はいつ逃走するのかタイミングを狙っているわけで。

「だいぶダイスたまってきたねー!」
「そろそろじゃない?」

自分が最後の1人だったら、手に入るダイスは2個。
当然そこを狙いたいので、何とか他の人が逃走してくれないかなーとか。

面白かったのが、私がある程度で逃走した後。

「へっへっへ。お先に失礼しまーす!」
「おれたちはいくぜ!」

次の瞬間、死亡が3個になり脱落。

「えー!なんだよー!」

しかもこれが二連続同じ展開。
もう笑うしかない。
6ラウンド終了か18コインか。
そんな中、私がもうすぐ18コイン。
これは狙っていくでしょ!となり、それでもこっそり逃走w
いやこれ勝てたでしょ、と油断したのも束の間、探索を続けていたトド吉が赤ダイスで私からお金を取り上げ、トド吉勝利で終了になったのでした。
金に目がくらんでもダメ、最後まで逃走しようとしても失敗。
ダイスの目がきちんということを聞いてくれれば・・・!