・思うにブタは2歩進む
 Ich glaub, mein Schwein pfeift(HABA:2016)


思うにブタは2歩進む

予想を当てたりはずさせたりしながら、リンゴを獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードには、2ヵ所のエサ箱と泥のレース場が描かれています。
プレイヤーは自分のブタを決め、どちらかのエサ箱の隣りのマスに置きます。
手番がきたら、駆け足カードを持って、その中から1枚を選び裏向きで置きます。
次に、自分の左側の人に、このカードの数字を予想してもらいます。
予想が当たった場合は、予想した人のブタがカードに書かれている数字分進みます。
そして次の人の手番に。
予想がはずれた場合は、その数だけ自分のブタが進み、カードをめくって本当の数字を公開します。
手番を続けたい場合にはブタの鳴きまねをし、残ったカードで手番を続けます。
ブタがエサ箱のマスに止まるか通過すれば、リンゴチップを獲得出来ます。
これを繰り返し、誰かがリンゴチップを4枚集めたら、その人の勝利でゲームが終了します。

リンゴ争奪ブタのレース。
ただし、進める歩数は左側の人次第w
今回は2人プレイなので、使わないブタはうつぶせでコース上に寝ころびます。
この寝てるブタを上手に使うのが勝利の秘訣。

まずは駆け足カードを持って、どれにしようか悩む。
決まったら、裏向きでそっと出す。

「んー・・・3!」

静かに私のブタが3歩進み、そのあとでカードを公開。

「4でしたー!」

もちろん、手番は続ける。
だってカードはまだ5枚あるもの。

「ぶひぃ」

またしてもカードを選ぶ。
小さい数字にするか、大きい数字にするか。
公開されているカードはトド吉へのヒント。
ならば・・・本当に3を出してみよう。

「えー・・・3?」
「がーん!」

トド吉のブタが3歩進み、私の手番は終了。
カードセットをそっとトド吉に渡す。

「よーし、じゃ、これだ!」

ちらちらとトド吉の顔を見る。
これはあれだ、きっと最大数字の6。
猪突猛進型だもの。

「6でしょ!」
「がーん!正解!」

わかりやすっ!
この「当てたい」と「はずれさせたい」の思惑が何とも言えないほど楽しいw

喜んでいたのも序盤だけで、中盤からはカードを選ぶたびに当てられてしまう。
そして、どんどん進むトド吉のブタ。
リンゴは4枚入手したら勝ちなので、うかうかしていられない。

「本気で当てにいく!それ4でしょ!」
「なんでわかったの!?」

自分のブタが4歩進んでほくほく顔。
はずれると、言った数字の分、進まれてしまうので、どうしても小さい数字を言いたくなる。
でも当たるなら数字が大きくても問題なし!

仁義なきリンゴ争奪レースは、私が4枚目のリンゴチップを手に入れて終了。
あぶなかった・・・w

すごく簡単なルールの中にある心理戦というか。
それがたまらなく楽しいというか、こういうゲームはつまらないはずがないw
ブタがあまりに進まなくてドキドキしながらも顔には出さない。
大きく進もうとする素振りを見せておきながら、はずれさせて大きく進んだり。
子供向けも大人が遊ぶと一味違うゲームになります。
4人でも遊んでみたいw

・高円寺0分すごろくや ゲーム紹介:思うにブタは2歩進む! / Ich glaub, mein Schwein pfeift!