・箱庭鉄道
 MINI Rails(Moaideas Game Design:2017)


箱庭鉄道

投資家となり、株の売買をしたり線路を敷いたりして、利益を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

まずはボードを組み立て、各プレイヤーは自分用のボードとタイル、マーカーを持ちます。
ゲームは6ラウンド。
まずは補充フェイズ。
今回入手出来るディスクが並び、これによって次ラウンドのプレイ順が決まります。
次にプレイヤーが順番にアクションを実行していきます。
手番がきたら、選んで入手したディスクの会社について、株式購入もしくは線路敷設を実行します。
次に手番が回ってきた時は、選ばなかったほうのアクションを実行します。
全員が1つずつ2回アクションを実行したら、課税フェイズ。
株価を変動させ、次のラウンドへ。
これを繰り返し、6ラウンド目が終わるとゲームも終了します。
最後に持っている株価を計算し、もっとも株価の高かった人が勝者になります。

まずはボード組み立て。
そういえば、カタンは外枠の中に入り切らなかったなーとか思い出しながらw
きれいにボードが出来たら、早速スタート。

6ラウンドしかなくて、各アクション6回ずつしかない。
となれば、最初からある程度考えておかないとダメな予感。
とはいえ、やはり他の人が買う株は避けちゃうわけでw
上手く便乗出来ないんだもの。

そして一番悩んだのが、どの会社にアクションを充てるか。
選んだディスクの場所が次ラウンドの順番になるので、出来れば早いほうがいい。
でも欲しいディスクは後ろのほうとか。
最後手番の人は、どのディスクを残すのか決められる。
だからといって、自分が欲しいディスクが残ってる保障がない。
むむむ・・・ここが一番悩むじゃないの!
というより、これがゲーム中、ずっと悩ませてくれることに。

でもまぁ、序盤はプレイ順大切よね。
欲しい会社がすぐに出てくるとは限らないし。
他の人とかぶらないディスクを入手しつつ、プレイ順は早いほうを。
まだ誰が何を考えているのかわからないしw

このディスク、株も線路も一緒。
株価は上げたいけれど線路も置かなきゃ。
このあたりで、単独株持ちはどうにもならないことに気付く。
やはり便乗・・・でもどれを便乗するか。
線路はマスによって価値が違うので、隣り同士を自分が狙っていれば調整出来るけれど、そんなうまくはいかない。
あそこを先に取りたい、でも手番順で先に取られるかも?
だったら先に株を買うか、もしかしたら残ってるかもしれないディスクに望みをかけるか。

「ここ線路置くね」
「だよねー!」

この、気付けば先に取られてしまう悔しさったら。
6ラウンドしかないのに、線路も敷いて株価も上げてはかなりキリキリする。
後半になると、ある程度見えている株に参入合戦。
私が独占していた会社にも、ちらちらといたるさんとトド吉が。
こうなると、何となく取られたくないわけでw

そしてあっという間に6ラウンド終了。
次があったら、あれをこうしてって出来たのにー!というところでゲームが終わる。
勝ったのはトド吉。
便乗するタイミングとか、すごく上手だったもんなぁ。

ゲムマ春で話題になっていたゲーム。
プレイヤーに用意されたアクションが2種類のみ。
しかも手番も1ラウンド2回で、必ずどちらも1回ずつやるというシンプルさ。
それでいて油断出来ない。
鉄道といえば、どうしても細かいルールが多かったり、プレイ時間が長くなりがち。
それをここまでシンプルにそぎ落としておきながら、プレイ感を損なっていないのは、素直にすごいと思いました。
正直、株売買と線路敷設を味わうには、これがあればいいと思います。