・ベスト・ツリーハウス・エバー
 Best Treehouse Ever(Green Couch Games:2015)


ツリーハウス

部屋をセットし、自分のツリーハウスをつくるカードゲームです。
タロ吉さん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、スタートになるツリーカードとトークンを受け取り、木の中央にバランスマーカーを置きます。
場にはスコアカードと得点ボード、ツリーハウスカードを裏向きでシャッフルしてつくった山札を置きます。
ゲームは3ラウンド。
各ラウンドは、カードをドラフトし、部屋を建設していきます。
ツリーハウスの建設では、木が高くなるごとに前のレベルより大きくしていき、最高レベルは6。
部屋は、すでに置かれている部屋と色が隣接するようにしか置けません。
また、部屋を追加するたびに木が揺れるので、左右に追加されるたび、バランスマーカーを動かします。
部屋を建設したら、再びカードをドラフトし、部屋を建設します。
これを繰り返し、カードが残り1枚になったら得点計算をし、次のラウンドへ。
3ラウンド終了時にゲームも終了で、最終得点計算をし、もっとも得点を獲得した人が勝者になります。

ツリーハウスといえば、『トム・ソーヤの冒険』を思い出します。
色制限があるのを考慮しつつ、最初のドラフト。
でもやっぱり黄色が気になる。
でもカード構成を見ていると、緑がやや多め。
次にドラフトで回ってくるのを考慮して、緑のカードをそっと取る。
そして、いざ建設。
とはいえ、最初は何もないところに部屋を置くので、特に何もなし。
あえて言えば、バランスが左へいったので、次は右側に部屋をつくらないと。
そもそもバランスが端までいっている側には、部屋を配置することが出来ないのです。
バランス大切。

全員が建設したら、持っているカード山を隣りへそっと渡す。
私が渡された中には、なぜか緑がいっぱい。
だったら緑で・・・いや、ダメだ。
左へバランスがいってるので、右へ戻したい。
だったら青だ!

まぁ、これが失敗だったんですけどねw

部屋を置いたらカードを隣りの人へ回すの繰り返し。
ドラフトしていきながら、自分だけが高得点獲得を目指すので、自然とツリーハウスの色が偏る。
むしろ、偏らせておけば勝てるかも?と考えていたんですが、大失敗。
気付けば、2人は少し色がかぶっている。

1周すればカードの中身を何となく覚えているので、あの色が使われていないならまだある!と。
むしろ、自分は置けないけれど、あの人が置けるなら捨ててしまえ!とかw
ドラフトから、ゲームは始まっているのです。
他の人とかぶらない色を選んでしまうのは仕方がないけれど、これが得点計算でかなり影響してくる。
トド吉は上手に得点を獲得していて、むしろ便乗しないとダメな予感。
得点計算では、どの色が0点になるか、倍になるなど決めていくのですが、これを考えてもちょっとは便乗しておいたようがよさそう。
でもやっぱり、自分だけ得点が欲しいのは仕方ないのです。

3ラウンドは本当にあっという間で、バランスや色を気にしている間にゲームが終わりました。
勝ったのはトド吉。

ゲームでの得点では負けたけれど、自分のツリーハウスが完成したことには満足。
ドラフトである程度の見通しをつけて、あとは他の人と同じ色もないと点差がついてしまう。
1:2は難しいよねw
カードのイラストも可愛いし、基本的なルールは簡単。
でもそれを得点に結びつけようと思ったら、他のツリーハウスの状況も気にしなきゃいけない。
手軽に楽しめて悩ましいは安っぽい言葉かもしれないけれど、本当にそんなゲームでした。