・111
 MyRummy 111(Schmidt Spiele:2017)


111

手札を昇順に並び替えるカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲーム開始時、各プレイヤーには12枚のカードが配られます。
残ったカードは場に3枚を裏向きで並べ、残りは裏向きのまま山札にします。
受け取ったカードは並び替えず、そのまま扇状に広げて持ったらゲームスタート。
手番がきたら、場からカードを1枚取り、手札の任意の場所に入れます。
次に、今入れたカードの左右どちらかのカードを1枚、場のカードを引いた場所に表向きで出します。
これを繰り返し、誰かが持っているカードすべてが昇順、もしくは降順に並んだらラウンド終了。
カードに描かれれているジョーカーマークの数を得点としてメモします。
そして次のラウンドへ進み、誰かが60点に到達したらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

まず最初に・・・12枚をきれいに持つのは大変!
カード立てがあったほうが便利。
並びを崩しちゃいけないので、しっかり持ってなきゃいけないのです。

手番でやることは、1枚取って入れて、左右どちらかの1枚を場に出すだけ。
簡単なのに、これがなかなかそろわない。
しかも、得点になるのはカードに描かれているジョーカーマーク。
どうしても並べることより、マークの数が気になって仕方ないというw

それでもじわじわと並び替えが進んでくると、必要ないカードをどうするか考える。
カードを入れた場所の左右ということは、ここにカードを入れて、でも昇順にするには数字がきまっているし・・・
悩んだ挙句、欲しいカードを場で見つける。
ところが!
場のカードはすべて表向きになっていると、全部捨てて新しいカードを山札から引けるのです。
そう、それで流されてしまい、悲鳴があがる。
でも悲鳴をあげるのは私だけじゃなかったw

思っていたより難しい・・・
裏向きだから、引いてみて初めてわかる数字。
どこへ入れようか悩んで入れてみても、いらないカードはそこじゃない。
こっちは必要、こっちは不必要というのが続きます。
それでも揃いそうな雰囲気になった頃、おやじさんが揃えて終了。
全員でカード確認。

「あってる・・・」

ついついマークに目がいきがちで、マークが1個の緑は捨てていたけれど、よく考えれば捨てられるカードで揃えたほうが早いよね。
でもやっぱり高得点狙っちゃうわけで。
今度は緑で・・・という教訓を生かしつつ、次のラウンドへ。
しかし私は1回も揃うことなく、気付けばゲームが終わっていたのでしたw
おやじさんの勝利。

どうしても緑以外のカードを狙ってしまい、それで後手に回っちゃう。
勝てないけどおもしろい、でも疲れるゲームでしたw

MyRummyR 111
Schmidt Spiele Gmbh
2017-01-02