・ジャンクアート
 Junk Art(Pretzel Games:2016)


ジャンクアート

世界を回るツアーに参加して成功し、ファンを獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームを始める前に、今回のワールドツアーではどの都市を回るか決めます。
各都市は、プレイ人数によって変わります。
ツアーが決まったら、ゲームの準備をし、最後に都市のルールを読み上げます。
基本的には、各都市で展覧会を実施し、ファンを獲得していきます。
展覧会では、都市のルールに従ってジャンクピースを配置していきます。
各都市での展覧会は、すべてのジャンクアートカードを使い切ったら終了で次の都市へ。
ワールドツアー終了後、もっとも多くのファンを獲得した人が勝者になります。

今回は、最初のゲームでおすすめの都市3ヵ所。
フィラデルフィアでは、ジャンクカード3枚を受け取り、1枚を選んで残りを両隣りのプレイヤーに渡します。
そして、カードに描かれたピースを受け取り、1個ずつ置きます。
全員が置いたら、再びカード3枚を配るところから。
これを繰り返して、落下ピースが2個になると退場なのです。

バランスゲームで負けるわけにはいかない!
カードを3枚見る。
難しいパーツは、他の人にプレゼントが順当だよね。
ってことで、2人にそっとプレゼント。
でもまぁ、みんな同じことを考えてるわけでw
ところが、誰も倒さずに全員が客を3人ずつもらって終了。

次の都市はモナコ。
モナコでは、各プレイヤーが10枚ずつカードを受け取り、後は使いません。
自分のカードを裏向きで山札にし、合図と共に一斉に積み上げていきます。
いかに早く積み終えるかのスピード勝負。
誰かが10個目を置き終えたら終了。
置けたピースの数で、ファンの人数が決まります。

狙うはもちろん10個。
他の人を見ている余裕なんてない!
落とすと単純に時間のロスなので、慎重に素早く積み上げる。
逸る気持ちを抑えて慎重に・・・

「できた!」
「はやっ!」
「まだ残ってるよー」

5個以上積めればファンは獲得出来るので、ある意味成功。
しかし、このゲームはファンの多さを競うゲーム。
そして勝負は最終都市であるパリへ。

パリでは、退場しないのが目的。
そして、全員共通のアートをつくっていくのです。
テーブル中央に置かれた土台が1個、各プレイヤーには3枚のカード。
手番では、手札から1枚選び、隣りの人にそのカードを渡します。
そして、隣りの人がそのピースを積み上げるのです。
最後にカードを補充したら、手番終了。
これを繰り返して、落下ピースが3個になったら退場。
誰かが退場したら、そこで展覧会は終了し、退場しなかった人はファンを獲得出来るのです。

最後の都市、ここですべてが決まる!
絶対に退場しない!
そして、他の人を退場させてやる!

積み重なるピース。
置こうと思ったら、かすかに震えるタワー。
しかし!負けるわけにはいかない!
そして、いたるさんには難しいものをそっとプレゼントw
ここで私が退場になると、勝者はトド吉に。
だからこそ、負けるわけにはいかないのです。

そして、無事に(?)いたるさんが退場して終了。
今回のワールドツアーは、私の勝利で終わったのでした。

単純にブロックを積み上げたり、バランスゲームは大好き。
楽しいし、盛り上がるし。
それに加えて、ワールドツアーという名目で、各都市の違ったルールを組み上げるのは新鮮。
負けていても逆転のチャンスもあるし、いいね。
崩れた時がうるさいのは仕方ない。
他の都市や他のプレイ人数でも遊んでみたいなーと思うのでした。