・北極ラッシュ
 Polar Rush!(Kanga Games:2014)


北極ラッシュ

今にも壊れそうな氷の上を移動し、イグルーに帰るゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

横長の浮氷タイルをくっつけて並べ、ゴール位置にはイグルーのタイルを置きます。
移動タイルを裏向きに並べ、自分のイヌイットコマをスタート位置に置いたらゲームスタート。
手番がきたらダイスを振り、出た数字の分だけ移動していきます。
移動するには移動タイルをめくり、現在自分のイヌイットがいる場所の隣接マスのイラストを見つけます。
間違えたら移動出来ず、次のタイルをめくります。
出た数字の分だけタイルをめくったら、使ったタイルを裏向きに戻して手番終了。
裂け目のタイルが出た場合は、浮氷タイルを離して裂け目をつくり、手番終了時に移動タイルをシャッフルします。
これを繰り返し、誰かがゴールのイグルーに到達したら、その人の勝利でゲーム終了です。

簡単な記憶ゲームだね!ということで、早速ゲーム開始。
スタートはすべてのイラストに隣接しているので、1枚目は何でもいい。
問題は2枚目から。
とはいえ、最初はどこに何があるのか探りつつ。
前の人がめくったタイルを覚えておけば、スムーズに進むことが可能。
でも他のイヌイットがいるマスには入れないのです。
避けながら進むと、どうしても一気に進めない。
しかも、少しずつ忘れてタイルを勘違い。

「うわ!氷が裂けた!」
「ゴゴゴゴ・・・」

効果音つきで離される浮氷タイル。
ここを渡るにはカヤナックが必要なのです。

「カヤナックってどこだった?」
「まだ出てないんじゃない?」

このカヤナックが見つからなくて足止めになるトド吉。
この間に進んでしまえ!と思うも、裂け目登場によってシャッフルされたので、なかなか進めない。
こんなに短いコースなのに思うようには進めず、お互いにモジモジw

イグルーが視界にはいっているのに進めない。
慌てれば慌てるほど、めくった移動タイルが間違っていて進めない。
そんな不毛な競争も、最後の最後で出し抜いた私が、無事にイグルー到着で勝利!

難しすぎず、かといって簡単すぎない、程よく遊べる記憶ゲームでした。
小さな子供向けのルールと、さらに難易度を上げるルールもありました。