・クマ牧場
 Barenpark(Lookout Games:2017)


クマ牧場

自分の用地に動物や緑地、川を配置し、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

供給用のボードを組み立て、ゲームで使う各種タイルを並べます。
各プレイヤーは自分用の用地ボードを受け取り、自分の前に置きます。
プレイ順による最初のタイルを受け取ったら、ゲーム開始。
手番がきたら、まず持っているタイルを自分の用地に配置します。
次に、たった今配置したタイルで覆ったアイコンをチェックし、対応したタイルやボードを受け取ります。
最後に、用地ボードが埋まっていれば、中央にクマの像を配置します。
これを繰り返し、誰かが4枚の用地ボードを埋めたら、他の人たちが1手番ずつやりゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

日本語で『クマ牧場』と書かれたボードを選んだ私w
クマ牧場だけど、コアラやパンダもいます。
早く空き地をなくしつつ、より得点が高くなる配置。
近いところだと、パッチワークやコテージガーデンが同じ方向のゲームかな。

最初に持っているタイルを使って、まずは緑色の一輪車を覆う。
このアイコンを覆うのがすごく大切で、覆わない配置をするとタイルの手持ちがなくなる。
配置する手持ちのタイルがなければどうするか?

パス!

パスすれば、タイルがもらえる!
でもパスで1手番使ってしまうのは、まったく得ではなく。
特に2人プレイだと、その1手番で差がついていく。
そこも考慮しつつ、さらなる大きな(得点の高い)タイルを狙うために、ショベルカーやミキサー車を覆いたい。
でもそこへたどりつくには、持っているタイルだとこう配置して・・・
頭が酸欠になりそう。
でもきっと、ボードゲーム覚えたての頃に遊んだら、何も考えず自己満足の牧場つくっただろうなぁ。
そう考えると、成長していると言えなくもない(ぉぃ

でも、もっとこう、動物だー!やったー!かわいいなー!って予定でした。
でも実際は、配置を考えって、さらに手元のタイルも気にしつつ、他の人はどれくらい出来上がってるのかチェック。
用地ボードが埋まると、クマの像がもらえるけれど、これも早い者勝ちというか。
下へいくほど得点が下がっていく。
遅くていいこと何もなし。

大きいタイルを手に入れた時のために、早めの用地拡張。
これもどっちの方向にのばそうか悩む。
そして、大きなタイルを配置してみたら、1マスだけ空いた状態でクマの像をもらえなかったり。

トド吉が先に用地ボード4枚をいっぱいにして完成。
最後に何か・・・得点につながる何か・・・とタイルを配置して終了。
トド吉の勝利。

そのまま続けて2戦目。
これで引き下がってはパンダが泣く!
ということで、2回目は効率良く、スピード重視でばんばん埋めていく。
クマの像だって、早くとって高得点。
これ勝てるんじゃね・・・?と思ったその時、ゲーム終了。
なんとトド吉の勝利!

くやしすぎる・・・
早いだけではダメで、遅すぎてもダメ。
どちらも程よく、より得点の高いタイルを配置しないと。
見た目と『クマ牧場』の名前だけで、もっと簡単なゲームだと思ってました。
確かにルールは簡単だけど、勝つには難しいゲーム。
でもおもしろい。
パズル的なゲームは、さくさくと遊べるのが良いところだし、そこを求めてしまいがち。
このゲームでは、タイルの入手も配置次第なので、本当に自分次第。
上級向けのルールもあるんですが、上級には当分進めなそう・・・w






The Game Galleryも一緒にどうぞ。