・アガメムノン
 Agamemnon(Osprey Games:2016)


アガメムノン

トロイとギリシャに分かれ、運命の糸を取り合っていくゲームです。
トド吉とプレイ。

ボードには、タイルを置く円と運命の糸を置く道が描かれています。
ゲーム開始時、ボードに描かれている通りに糸を置きます。
プレイヤーは、それぞれ自軍のタイルを受け取り、裏向きでシャッフルしておきます。
手番がきたら、タイルを2枚めくって表にし、好きな順番でボードに配置します。
これを繰り返し、すべてのタイルがボードに置かれたら、直ちにゲーム終了。
どちらが糸をコントロールしているのか見比べ、コントロールしている側が糸を受け取ります。
糸は3種類あり、それぞれ比べる要素が違います。
強さの糸なら槍の数を、武力の糸はつながっているタイル枚数、リーダーシップはタイルのランクです。
同点の場合は、どちらも糸を受け取れません。
すべての糸を処理し、より多くの糸を持っている側が勝者になります。

まずはどんなタイルがあるのかチェック。
リーダーならAが最高ランクなのは重要だし、槍だったらリーダーにも描かれていることも。
このあたりをある程度把握しておかないと。
さらに、タイルには縦糸と横糸があり、縦糸は置いたマスにつながっている糸を入れ替えられるし、横糸はつながりを切断できるのです。
でも・・・いつ引いてくるかはわからない。
何せ、タイルは裏向きでシャッフルした中から、手番のたびに引くから。
でもそれくらいのほうが、アブストラクト苦手な私にはちょうどいいw

タイルを表にして、まずは考える。
どこへ置くかが重要というかすべてで、逆に相手がどこまでタイルを配置しているかも大切。
Aのリーダーなら最強だけど、つながった先に相手のAがいたら無駄に。
そこに置いたらここが空いていて、そこにあれを置かれたら・・・と考えるので、中盤までは手番が長め。

逆に後半は、ある程度タイルが出揃っているので、そこまで考える必要がない。
むしろ、タイルを置かれた時に、口から悲鳴が出そうになるのをぐっと我慢w
いつまでも考えられるし、どの可能性も考え始めたらきりがないわけで・・・

体感時間は1時間、現実時間は30分が経過する頃にはゲーム終了。
良いところ押さえられたかな?と思っていたのに、実際に糸を見ているとつながっていたり、相殺されていたり。
トド吉の勝利。

軽く遊んでもいいし、じっくり遊んでもいい。
2人用なので、相手に合わせたプレイスタイルが取りやすい点は良い点。
苦手だというわりに、夢中になれていたのも良い点。
悪い点は・・・色が地味なところ?w