・キャンディーマッチ
 Candy Match(Pegasus:2017)


キャンディーマッチ

並ぶカードの中から、ペアを探して得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

すべてのカードをよく混ぜ、裏向きの山にしてテーブル中央に置きます。
手番がきたら、山札の一番上のカードを1枚、テーブルの空いてる場所に表向きで置くだけ。
並んだカードの中からペアを見つけたら、素早く「キャンディーマッチ!」と叫びます。
正解なら、カードを受け取って得点として自分の前に裏向きで重ねておきます。
間違っていた場合は、表向きでカードを戻します。
さらに、他のプレイヤーは、表向きのカードから1枚ずつ、得点として獲得します。
これを繰り返し、最後の1枚がめくられたら、最後のペア確認をしてゲーム終了。
得点として獲得したカードを数え、もっとも多い人が勝者になります。

ペアが出来ているかどうかの確認。
これがこのゲームのすべて。
ペアは必ず2枚のカードということではなく、何枚使っても良い上に、使うカードに描かれているキャンディがすべてペアになっていないとダメ。
余ってるキャンディーがあると、それは失敗。
カードをめくって公開、すぐに確認して、なければ次の人がカードをめくって・・・と、流れるようなスピーディさを維持しつつ。
つまり、お互い無言w

公開されているカードが少ないうちは、すぐに見てわかるので簡単。
問題は枚数が増えてきてから。

(あれとあれは2個・・・あ、こっちが1個だけだからペアじゃないか・・・)

無言で眼球だけが動くというかw
でも増えたカードの中から見つけられた時は、かなりうれしい。

「キャンディーマッチ!」
「え?どれ?」
「これとこれとこれの3枚で!」
「おぉーほんとだ」

ちょっとドヤ顔になりますw
でも、めくられるカードに視点が固定されたままなので、正直疲れます。
中盤では私が優勢かと思われたけれど、疲れが見えはじめた頃、調子を出してきたのがトド吉。
後半はトド吉の独壇場で、獲得したカードを数える必要もないほど差がつきました。

要はカードを何枚対象にしてもいいけれど、各キャンディが必ず偶数にならないとペアではないということ。
速さも求められるので、うっかり1個見落としというのもしばしば。
簡単だけど疲れるゲームでしたw

The Game Galleryチャンネルも一緒にどうぞ。