・おしりにノミ
 Floh am Po(Zoch:2017)


おしりにノミ

休暇を楽しもうとするノミたちが、犬の体にくっついてリゾート地を目指すゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場に並ぶのはコースタイルで、スタートとゴールにもタイルが並びます。
犬コマをスタートに並べ、カラーダイスを2個準備します。
各プレイヤーは自分の犬を決め、ノミを1つ選んで犬の体にくっつけます。
手番がきたらカラーダイスを2個振ります。
出た目の色のノミを他の犬もしくはテーブルから取り、自分の犬にくっつけます。
自分がすでにくっつけているノミの色だった場合、ノミをはずして任意の犬にくっつけます。
自分の犬にくっついているノミの数だけ、タイルを進みます。
これを繰り返し、最初にゴールしたプレイヤーが勝者になります。

4才以上向けのゲームなので、大人4人は上級ルールでプレイ。
上級では、いくつかのルールが変わります。
まず、カラーダイスは4個使います。
手番がきたら、少なくとも1つ犬がいるタイルの中で、自分が何番目にいるのか確認します。
自分の犬が先頭ならダイスを1個、2番目ならダイスを2個、という感じで、犬の位置で振るダイスの個数が決まります。
あとは基本のルールと同じ。

スタートプレイヤーは、全員がスタートタイルにいるのでダイスは1個。
2番目の人はダイスを2個。
順位大切。
後ろならより多くダイスを振れるけれど、あまりいっぱいノミをつけると必然的に先頭へ出てしまう。
程よい場所が望ましいけれど、そう上手くはいかないわけで。

特に、自分の体についているノミの犬が出るとがっかり。
他の人にあげなきゃいけないので、進める歩数が減る。
そしてあげるなら最後尾の人に・・・これが余計なお世話の時もあるわけでw

進んだと思ったら追いつかれ、たまにくっついている色が出ないと一気に進める。
でも先頭になるとダイスが1個になってします。

・・・もどかしい!何このもどかしさ!

そしてゴール目前。
激しいデッドヒート。
最後に逆転を狙っていい位置を取っていたものの、最後に望み通りのダイス目が出ない。
そしてゴールしたのはトド吉。
犬への愛情は私のほうが絶対多いのに!

大人なら最初から上級ルール一択です。
全員が同じ数のダイスを振っていたら、淡々としてしまいそう。
上級なら、順位によってダイスの個数が変わってくるので、本当にもどかしいレースが楽しめますw