・ミッシュマッシュ
 Misch Masch(Zoch:2017)


ミッシュマッシュ

動物が半分ずつ描かれたカードを1体になるように出し、手札をなくすゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーが持つ手札は7枚。
残りのカードは山にして置き、1枚めくって最初の1枚にします。
手番がきたら、適合するカードを1枚プレイします。
出せなければ、山札から1枚引いて手札に入れます。
引いたカードがすぐに出せる場合は、直ちにそのカードをプレイ出来ます。
手番以外でも、テーブルに出ているカードと手札が二重適合する場合は出すことが出来ます。
出した左隣りの人が次の手番になります。
これを繰り返し、手札をなくした人が勝者になり、直ちにゲームは終了します。

カードに描かれている動物は、上半身と下半身が別の動物。
ちょっときもい・・・w
場に出ているカードが、上半身がトラで下半身がゾウなら、手札から出せるのはその反対。
上半身がゾウもしくは下半身がトラのカード。
もちろん両方揃ってるのも出せるけれど、二重適合なのでもったいないw
特殊カードとしてカメレオンカードがあり、カメレオンはオールマイティ。
カメレオンを出したら、直ちに手札からもう1枚出せる便利カード。
でも6枚しかない。
そして、私は一度も手札にはいってこなかったw

順調に出して残り2枚になってからが長かった。

「だせなーい」
「私もだせなーい」
「だせないわ」

3人連続で出せない事態。
そんな中、おやじさんが堂々と出してる。
うらやましいw

やっぱり手札が減ると出せなくなるよね。
しかも上半身と下半身でこれか?と考えている間に、突如割り込みで二重適合を出されたりすると、自分の手番が飛ばされる。
色で見分けられるようになっているけれど、なかなかに見辛い。
上と下をつなげるように見るのって、意外に大変・・・なんて思っていたら、おやじさんが出し切って終了。
いいところまでいったのに!
よくあるゲームだけど、負けると悔しいのはお約束。

こういうゲームは割と多いので、もう好みで選ぼうとしか言いようがないなぁ。
むしろ、定期的に発売されていると、入手難にならなくていいのかも。
大人は無機質な数字だけでも楽しめるので、逆に動物で認識させる遊び方は低年齢向けなのかも?とも思ったけれど、上半身と下半身の認識は意外な難しさ。
ちなみに6才から遊べるそうです。