・コケコッコー!?
 Kikerikimah!?(Adlung:2011)


コケコッコー!?

ヒントを出している動物を当てるカードゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

動物カードをプレイヤーに配り切ります。
まず手札の中に、同じ動物が2枚あったら捨てます。
残ったカードを裏向きでシャッフルし、山札にして自分の前に置きます。
手番がきたら、チャレンジカードを1枚めくり、全員に公開します。
次に、自分の山札の一番上をめくって自分だけ確認し、チャレンジカードに従って、その動物が何なのかヒントを出します。
他のプレイヤーは自分の山札を調べ、対象の動物を探して選び、裏向きで自分の前に置きます。
そして、一斉にオープン。
合っていたらその2枚を捨て札にしますが、手番プレイヤーと合っていなければいけないということはありません。
これを繰り返し、誰かの動物カードがなくなったら、その人の勝利でゲームも終了します。

各自が持っているカードをババ抜きの要領で捨てていく。
どんなヒントを出すかは、チャレンジカード次第。

「うーん・・・あれだ。飛ぶやつ」

「あーこういうの。こういうの!」

「言葉で説明するの難しいんですけど!」

最後は逆ギレ状態w
こんなヒントを聞かされた2人は、ささっと自分の山札を全部広げてにらめっこ。
そして全員一斉にカードオープン。

「わーい!わかってもらえた!」
「いや、わからなかったけど何となく?」

何でもいい。
誰かが同じのを出してくれれば捨て札に出来る。

そして次の人へ手番はうつる。
自分が手番の時だけ、裏向きの山札から1枚をめくるけれど、他の人はカードを全部手札にするので、多いと探すのが大変w
このヒントが絶妙で、これだ!と思っても違っていたり。
これ終わるのか? という微妙な空気が流れだすも、何とか最後にたどりつく。

「何かこういう・・・こういう・・・」
「なんだそれ!?」

鳴き声を知っているならいいけれど、知らない動物の説明大変w
それでもカードが少なくなってくれば、あたりがつけやすい。
むしろ、三択くらいだと楽。
最後はどっちを自分が持っているかになってしまう3人プレイだったけれど、見事に当ててカードを捨てたところで、侍のカードが0になって終了。
まさかの侍が勝者!

どんな説明の仕方かは、チャレンジカード次第。
簡単な動物は簡単だけど、動物園でしか見たことない動物は大変。
想像力を鍛えられるババ抜きといった感じ。
6人まで遊べるので、人数が多いとカードの持ち分が少なくてもっと楽かもw