・コスタリカ
 Costa Rica(Lookout Games:2016)


コスタリカ

コスタリカの森を探索し、たくさんの生き物を見つけるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には六角形に配置されたタイル。
裏側には、生き物が1匹もしくは2匹描かれています。
ゲームの目的は、この生き物たちを集めて得点を獲得すること。
ゲーム開始時、各プレイヤーの探検家コマを6ヵ所に配置し、これが探検家グループとなります。
手番がきたら、探検隊長として、選んだ1ヵ所の探検家コマすべてを動かします。
まず隣接しているタイルを1枚めくり、自分の探検家コマを移動させます。
次に、めくったタイルと自分の探検家コマを持ち帰るか、他のプレイヤーに権利を渡すか選びます。
誰もタイルを取得しなかったら、次のタイルをめくり探索を続けます。
タイルを獲得する人は、自分の探検家コマと一緒に、それまでにめくったタイルすべてを持ち帰ります。
そして次の人の手番に。
これを繰り返し、すべての探検家コマがいなくなるか、すべてのタイルがなくなったらゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

まずはタイル並べ。
ランダムに並べていくので、ちょっと不思議なコスタリカが出来上がります。
今回は、とりあえず普通のルールで2人プレイ。
より長い2人プレイを楽しむ場合、1人2色担当で遊びます。

まずは私が探検隊長でスタート。
探検家がいるスタート位置を選ぶ。

「よっしゃ!ここの探検隊出発!」

1枚めくるも、はじまってすぐだし1枚じゃね・・・ということで、権利はトド吉に。

「いや、いらないよ」

そうだよねー。
ということで、次の隣接タイルをめくる。
蚊だ・・・蚊が描いてある。
この蚊、1枚なら何もないけれど、このまま探索を続けて2枚目が出てくると、蚊が描かれたタイルはゲームから除外、残ったタイルだけ引き取ることに。
しかも手番終了のおまけつき。

(むむむ・・・でもすぐに2枚目が出てくることはないよね・・・)

祈りを込めてタイルをめくる。
うん、まぁ、知ってたw

「蚊だねぇ・・・」
「蚊だねぇ・・・」

蚊以外の生き物と自分のコマを回収して終了。
生き物が2匹描かれているタイルは、高確率で『蚊』。
問答無用で手番が終わり、トド吉の手番。
ところが、このトド吉隊長は手堅い。
ある程度いったところで、生き物を回収してかえってしまう。
私にはうまみがない。

こうなると、やはり欲求は強くなるのです。
そう・・・多少の蚊は気にしていられない。
もっと、もっと私に生き物を!

「蚊だね」
「うん・・・蚊・・・・」

なんでー!?
しかもトド吉隊長、私の探検家が孤立するようなタイルの取り方をする。
おかげで、蚊が出ても出なくても4枚で終わりになるとか。

どんどん探検家コマが消えていく中、トド吉はかなりの生き物を集めている。
私といえば、4種類しか集まってない上に枚数も少ない。
トド吉の探検家コマを孤立させてみても、5枚全部を普通に持ち帰ったり。
どんだけ私は蚊に好かれているんだ・・・

そして、残る探検隊も2つ。
どちらも単体の探検隊だけど、私の探検隊は孤立している上に、タイルが4枚しかない。

知ってるぞ・・・この展開知ってるぞ・・・

予感的中。
2枚目で蚊が出現。
でも私にとっては最後の手番、ここで退くわけにはいかない。
だって蚊のタイルには、動物が2匹描いてあるんですもの。
そして、4枚目に再び蚊。

「あー!もう!」

ここでほぼ勝負は決しました。
残り最後の探検隊はトド吉単体。
好きなだけタイルをめくって持ち帰っていました。
結果は・・・そりゃ惨敗w

ヒントとして、他の人が集めてそうな生き物をよく見ましょう的なことが書いてあったけれど、これだけ蚊に好かれると無理w
このゲームは、最低3人以上いたほうがいいかなって感じました。
5人まで遊べるけれど、2人だったら2色担当の疑似4人プレイがいいかも。
1色ずつだと、片方が探索終わると独壇場になってしまうのです。
軽めのセットコレクションで蚊のオプション付きは、蚊を引くがっかり感こそありますが、めくったタイルすべて没収するわけではないので、脱落しにくく遊びやすいのでは?と思います。

コスタリカは何となく買いそびれていたんですが、amazonで安く売ってるのを発見。
すぐに遊びたかったので、素早く注文して遊ぶことが出来たのでしたw


駿河屋でもお安くなっていました。



新品ボードゲームコスタリカ 日本語版 (Costa Rica)