・サント・ドミンゴ
 Santo Domingo(Pegasus Spiele:2017)


サント・ドミンゴ

カードを使ってアクションを実行し、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは同じ内容のカードセットを持ち、自分の前には、それぞれ得点表示カードと商品表示カードを置きます。
場には供給される得点と商品などを表示するボードを置きます。
ゲームはラウンド制で、1ラウンドは3つのフェイズで構成されています。
まずは商品・得点の供給フェイズで、ボード上のマーカーをプレイ人数で該当するだけ増やします。
次に、アクションを実行したいカードを選ぶアクション選択フェイズ。
最後にアクションカードを順に解決したら、ラウンド終了。
この時点で誰も30点以上獲得していなければ、新しいラウンドが始まります。
ラウンド終了時、誰かが30点以上獲得していたら、ただちにゲーム終了。
最後の得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

まずは供給フェイズ。
プレイ人数によって供給量が違うので、今回は3マス分。
最大で15マスまでしかいかないので、どの程度まで我慢して受け取るか。
かぶるとどっちが先とかはなく、均等割なので端数は残るのです。

そしてカード選択。
今回は2人プレイなので、2枚選びます。
そして同時にオープン。

「あー!かぶった!」

カードの処理は数字順なので、2人なのに声を出して確認。

「1いるー?」
「いないー」
「2はー?」
「はーい!」
「はーい!」

こんな感じで、かなりゆるいw
でもプレイは真剣なので、自分だけがより多く得をするため、必死でカードを選んでいるのです。
カードの効果は2段になっていて、1人だったらどれくらいという感じになっている。
トド吉がこのカードを出してくるだろう・・・と予想して、その効果を狙ったカードを選んだり。
そういう時に限って、お互い同じ期待をして失敗するとかw
使ったカードを裏向きで捨て札にしたら、ラウンド終了。
カードは8のカードを使わないと、手札には戻ってこないのです。
最初こそ、カードを使い切ってからと思っていても、後半は先にカードを手元に戻しておくのも大切。
お互いの残りカードが何なのか、使ったカードが何なのかは、頭の片隅で覚えておけば戦略的。

とりあえず勝利点を直接獲得するのもいいけれど、商品も手に入れておく。
程よい交換タイミングを狙うと、どうしてもバッティングしやすい。
だったら、手に入りそうな商品を根こそぎもらっちゃえ!と思うも、これが失敗w
地道に勝利点を獲得していくトド吉と、少しずつ差が出てくる。
焦っても低レートで交換するのはいやなので、そういう時はカードを戻す。

(これで交換するから、このカードとこのカードを使って・・・)

「次でたぶん終わるよ?」
「えぇ!?」

自分のリソースに夢中だった間に、トド吉の勝利点が終了フラグ。
このままだと、大量にある商品が終了時のレートで強制交換されてしまう。
バッティングしてもトド吉は勝利点を獲得出来るのだから、自分は最後に何をするのか考える。
そして、トド吉が30点をこえたのでゲーム終了。
大量に残った商品を売却したものの、トド吉に及ばず。
いけると思ったんだけどなぁ・・・w

すごく落ち着いたゲームというのが感想。
バッティングするカード選択あり、リソース管理あり、他のプレイヤーの出方もあり。
遊びやすいというか、プレイヤー次第で雰囲気が変わるというか。
ちょっと地味だけど、そのかわり安定している面白さがある。
でもバッティングによるカード効果を考えると、3人はいたほうがより楽しいかな?