・ハムスターの秘密基地
 Hamsterbande(HABA:2016)


ハムスターの秘密基地

全員で協力し、冬眠前に貯蔵庫をいっぱいにするゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードを広げ、トロッコやエレベーター、ゴンドラをセットします。
食料と木の葉を所定の位置に置き、プレイヤーコマをリビングルームに置いたらゲーム開始。
ゲームの目的は、木の葉がなくなる前に、ニンジン・小麦・クローバーをぞれぞれの貯蔵庫まで運びます。
スタートプレイヤーはハリネズミのお世話係。
手番がきたら、ダイスを振って、出た目の分だけ自分のハムスターを動かすだけ。
1周してお世話係の手番になるたび、木の葉を1つボード上から取ってハリネズミの近くに置きます。
木の葉がボード上からなくなる前に、食料をすべて貯蔵庫まで運べたら成功です。

トロッコやエレベーターが実際に動くのを試しているだけで、かなりテンションが上がるw
見た目がかわいいのに、実際に動かせるとは。
しかしゲームは、その見た目に反して、かなり難易度高めでした。

「スタートだ!」

早速ダイスを振る。
出目は2。
自分のハムスターがリビングを出て回し車にのり、ニンジン畑手前。
続くトド吉は、なんと1。
リビングから1歩出て終わり。

木の葉を取って、再び私の手番。
ダイスを振ってみると、なんと1。
ニンジンを取って終わり。

(ちょっと待て・・・大丈夫かこれ?)

続くトド吉は2。
いや、ダイスには3とかちゃんとあるのに、なぜ1と2ばかり。
そして木の葉を取って、今度こそ!とダイスを振ると2。
またしても1。

ダメだ・・・!
このままでは絶対失敗する!

焦りが出てくる2人。
ダイス目はそんなことお構いなしに、1や2しか出してくれない。
減っていく木の葉、貯蔵庫には食料少し。
トド吉はクローバーを集めているけれど、なかなか増えない。
あっという間に木の葉がなくなってゲーム終了。
もちろん失敗!

・・・え?

何が起こったのだろう・・・え?
ちょっとこれ、難しくない!?

まさかの難易度。
このままでは引き下がれないということで、続いて2戦目。
ところが、さっきより少ない貯蔵でゲーム終了。

まてまてまて・・・

今度はスタートプレイヤーを逆にしてみよう!ということで、トド吉が先手番でゲームスタート。
ダイスが唸る!
1や2じゃなく、大きめで3とか4が出る。
順調に食料を運び込み、3戦目にしてようやく成功したのでした。
残り木の葉は2枚。
あぶなかった・・・w

見た目の朗らかさと違って、難易度高い。
ダイス目が小さいのが続くと、絶望的なほどクリアに到達しない。
地上から食料を取ってくる係と貯蔵庫へ運ぶ係に分けて、およそ中央で待ち合わせ作戦もやったけれど、ダイス目がふるわなきゃ問題外なほど。

ちなみに、上級ハムスター向けルールだと、木の葉の枚数を減らして挑戦するらしく、『限界を目指してみましょう』と書かれているけれど、通常ルールでギブアップ!
HABAおそるべし・・・w


高円寺0分すごろくや ゲーム紹介:ハムスター秘密基地 / Hamsterbande