・インベンターズ
 Legendary Inventors(Bombyx:2016)


インベンターズ

偉大な発明・発見者チームを目指し、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のチーム員のタイルを受け取りセットします。
場にはプレイ人数+3枚の発見・発明カードを並べ、ランダムでトークンを2つずつ置きます。
スタートプレイヤーを決めて、ダ・ヴィンチ像を渡します。
ゲームの目的は、自チームのインベンターを派遣して発見・発明にかかわることで、カードやチップを手に入れていくことです。
手番がきたら、自分のインベンターを派遣するか、仕事済のインベンターを派遣可能にするのどちらかを実行します。
インベンターの知識レベルに等しい数のキューブを、発見・発明カードの対応する分野に置きます。
キューブは少なくとも1つ、いずれか1枚のカード上に置かなければなりません。
派遣可能にするアクションは、使用済のインベンターすべてを使用可能にします。
発見・発明カードは、すべてのスペースにキューブが置かれると完成。
置かれたキューブの数を比べて報酬を分配し、新しい発見・発明カードを場に並べます。
最後から2枚目の発明・発見が完成すると、1つの時代が終わります。
これを繰り返し、3つの時代が終わったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

もっとずっしりとしたゲームを想像していたので、ルールブックの文章が少なくて驚くw
知らない偉人も多いので、今回は色で選択。
なるほど。
偉人によって、それぞれスキルが違う。
最初から2を持っている人もいるけれど、1種類だけ。
空いている場所には、ゲーム中に新規取得させればいい。
あとはゲーム終了時までにどこまでスキルアップさせるか。
それはタイルに書かれているので、これも1つの目標。

得点になるのは、スキルアップさせるか、ゲーム中に勝利点が書かれているトークンを取るか、発見・発明カードを取るか。
さらにカードは数字順にセットが出来ればボーナス点。

(ふむふむ・・・2人プレイだしカードかな?)

まずは派遣しなきゃ意味がない。
とりあえず偉人を横向きにして、場のカードにキューブを配置。

「タイヤとコンパスに1個ずつ置くねー」

こんな感じで進んでいくと、あっという間に発見したり発明したり。
キューブの数を数えて、カードを取るかトークンを取るか選んだら終わり。
おぉ。早い。

カードはやはりセットにしたいので、連番を狙うなら0が欲しい。
トークンの中に、任意の数字として見れるものもあるけれど、カード自体に得点あるしね。
トークンなら、現在1の知識を2にしたり、後のために3や4を取っておいたり。

そして派遣済のインベンターが増えてきたら、やっぱり派遣可能を選択。
このタイミングがまるっきり同じ。
あれ?同じじゃ出し抜けないよね・・・?

キューブをより多く置こうということに集中しすぎて、時代兇砲覆辰討皀ぅ鵐戰鵐拭爾離譽戰襪低いまま。
カードのほうが割が良く見えるというか。
無駄なく連番をつくれたけれど、カード自体にも得点があるのを失念。
今度はインベンターだ!と思いトークン狙いに。

・・・これが失敗だったわけで。

トド吉は連番にこだわらず、とにかくカードを集めている。
そうだよね。
時代が進めばカード単体の得点も高いもんね。

派遣して横向きにしては、回復アクションで元に戻すの繰り返し。
時代が進むと必要なキューブ数が増えてきて、なかなか完成しない。
協力ゲームではないので、お互い別々のカードを選ぶから余計に。
そして、早めにインベンターを回復させておいて、トド吉が完成させそうなタイミングでキューブを1個や2個置いたり。
どうしても欲しいカードは自分でがんばる。

そうこうしてるうちに、時代靴終わりゲーム終了。
ゲーム終了時の得点計算は、自チームのインベンターレベル・カード・カードセットで計算します。
お互い得点計算をしてみると、なんと同点!
同点の場合は獲得した発明・発見カードの枚数・・・負けた!

いやー・・・想像より軽い。
プレイ感はかなり軽めで、適度に場を見たりインベンターの回復タイミングを狙ったり。
想像していたゲームとはちょっと違ったけれど、これは悪くない。
発明だの発見だの言っているけれど、得点を獲得しようと思ったら、結局はエリアマジョリティだし。
ルールも簡単だし、キューブを配置するだけなのも手軽で、楽しめて良いゲームだと思いました。
ルールブックの文章も少なめだし・・・w

カードのセットにこだわりすぎるのもダメだし、程よく平等にそこそこ集めるのは2人プレイだからかも。
選択肢が充分すぎるほどあるので。
カード連番ボーナスもあるけれど、そもそもカードに書かれた得点大切。
インベンターのレベル上げで得られる得点も良い。
よほど悪手じゃなければ差がつきにくいのかも。
「私のガリレオ出動!」などと、偉人を派遣させるという恐れ多い(でも容赦なく働かせるけど)ゲームでしたw

開封時はこんな感じでした。
箱の中