・カッコウの巣作り
 Zum Kuckuck!(HABA:2016)


カッコウの巣作り

木の串を組み合わせて、カッコウの巣をつくるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

缶入りのこのゲーム、缶筒の下部分を土台として使います。
枝木をまとめて筒に入れて、まんべんなく広げたらゲーム開始です。
手番がきたら、まず枝木を1本抜きます。
この時、両端が同じ色なら巣受けの上に水平に渡し、自分の卵を1個置きます。
チャンスは3回までで、枝木を3本引いても両端の色が同じものを引けなかったら、枝木を巣受けに渡して手番終了です。
枝木を崩したら、崩れた枝木を巣の上に戻して手番終了。
卵を落としてしまったら、引き取って自分の手元に置きます。
これを繰り返し、卵をすべて巣の上に置き、次に手番が回ってきた時に卵が残っていないなら、カッコウを巣の上に置いて勝利。
この時も枝木や卵を落としてしまうとまだゲームは続きます。
カッコウを落としたら、次の手番まで待つことになります。

要は棒を引き抜いて、卵をのせていくだけ。
ただし、卵を置けるのは両端が同じ色の棒を引き抜けたらという簡単ルール。
これが意外に難しいのです。

序盤は3本目で両端が同じ色の棒を引けても、卵をのせるのが難しい。
何せ枝が少ないので、まったく安定しない上に、卵の重さで筒の中に落ちてしまう。
ある程度、巣の形になってくると卵がのせやすくなるのです。
でもまぁ、こういうバランスゲームで負けたくないので本気w

枝をのせては卵をのせる。
手を放した瞬間、一瞬沈んだりぐらぐらしたりするけれど、割と順調。
そして、横から見ると巣に見えるなーと思ってたら、トド吉が卵を落とすw

「あー!」
「お持ち帰りくださーい」

棒が少なくなってくると、なかなか両端が同じ色にあたらない。
1本目で引けていた頃が懐かしい・・・w
手元の卵が少なくなり、巣の上は卵が渋滞してくると、手がぷるぷるしてくる。
ほんの少しのバランスで、一斉に崩れるので注意しつつ。
それでも私がすべての卵を置ききり、崩れないのを確認してトド吉の手番。
何とか意地悪してやろうというのが見え隠れ。
最後にカッコウのキキをのせ、崩れないのを確認して終了。
カッコウの巣作り
よっしゃー!勝った−!

棒を渡すだけなら簡単で、卵をのせるのがちょっと難しい。
卵の表面が滑りやすい(ように感じる)。
ちょっと触ったら落ちちゃったり、次の人の手番までにテーブルにぶつかってしまったりw
トド吉の手番がはじまるまで、静かに動かず待っていました。
不用意に卵を増やしたくないからw

・高円寺0分すごろくや ゲーム紹介:カッコウの巣作り / Zum Kuckuck!