・マハラジャの遺産
 Das Vermachtnis des Maharaja(Abacus:2017)


マハラジャの遺産

骨董品を購入してコレクションをつくり、得点を獲得するカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場には販売されているアンティークと価格表示の取引カード、コレクションカードが並びます。
ゲームの目的は、アンティークを購入してコレクションをつくること。
手番がきたら、取引カード上の金貨を取るか、アンティークを購入するかのどちらかを行います。
次に、条件を満たしていればコレクションを1つ達成することが出来ます。
最後に8ルピーを超えるお金を持っていたら、超過分を銀行に支払います。
アンティークの販売価格は、取引カード上の金貨が置かれているカードの一番左側の数字です。
誰かの手番でアンティークがすべて購入されるか、取引カード上の金貨がすべて取られたら、そのプレイヤーの手番終了時に販売日が終わり、次の販売日の準備をします。
これを繰り返し、アンティークを4枚並べることが出来なくなったら、直ちにゲーム終了で、得点計算に移ります。
得点になるのは、2枚以上持っているアンティークの色別、手持ちのルピー、獲得したコレクションカードを合計し、もっとも得点の高い人が勝者となります。

場にアンティークを並べ、取引カードの上に金貨をのせたらゲーム開始。
各プレイヤーは、最初にお金を持っているので購入可能です。
とはいえ、自分が金貨を取ってしまうと、次の人の購入価格が安くなる。
スタートプレイヤーは4ルピーでアンティークを購入するか、金貨を取るかのどちらか。
持っていなきゃどうにもならないので、トド吉はアンティークを購入。
私の手番がきて、価格は4ルピーのまま。
だったら、私もアンティーク買うよね的なw
最初はそれぞれ違うアンティークを購入していく。
ちらちらと気にするのはコレクション。
必要とするアンティークが多ければ得点が高いし、使ったアンティークを捨てなくてもいい。
少ない数で達成出来るものは、使ったアンティークから1枚捨てなきゃいけない。
コレクション完成させて、捨てる必要がないのはすごく良い。
でも集まるまでのんびりしていると、他の人にコレクションを取られてしまう。
どのコレクションカードも、1枚ずつしかないのです。

序盤では、購入すると手持ち金がすぐに尽きる。
次の手番では、金貨を受け取るしかないわけで。
どんどん金貨が取られて値下げになっても、購入するお金がないのだから仕方がない。
アンティークは4枚しか並んでいないけれど、取引カードは5枚並んでいるので、手番順で安く購入する権利がスタートプレイヤーにいく。
なるほど・・・購入タイミング大切。
そして、コレクションには種類だけ気にして、色は終了時にしか必要ないところも悩むところ。
1枚しかないものは、最後に捨てなきゃいけないので、捨てても惜しくないアンティークを持っておきたい。
まぁ、後半まで考える必要はないんだろうけど。
重要なのが、次の販売日に切り替わるまで、スタートプレイヤーは変わらないこと。

ひたすらアンティークとにらめっこしつつ、どれを集めようか、どれを狙うか、価格はどうか?など考えていると、あっという間に次の販売日になり価格が戻る。
しかも、みんなは着実にコレクションを達成していて、ちょっと焦るw
とりあえず何かは達成しておかないと!ということで、天秤コレクション達成。
みんなに遅れること、ようやくコレクション達成。
実は狙っているコレクションに必要なアンティークが、1つだけ揃わなかったのです。
壺はママががっしり抱えていたので、私まで回ってこない。
特にカウンティングしていなかったけれど、まだあるはず・・・まだあるはず・・・と待ちw
そして、出てきた壺。
値段なんて関係なく、即座に購入。
やっと出来た・・・!

「あー!それ狙ってたのに!」

絶対出てくるこのセリフ。
さっきまで私もそう思ってたw
アンティークは、必要な数が揃ってるのを確認してもらうだけ。
あとは、色を1枚だけにしないこと。
お金も3ルピーで1点にはなるし、節約しつつダメなら数字が低いカードを捨てるだけ。
夢中になって考えているからか、あっという間にゲーム終了間近。
自分の手番はもう1回あるのか計算しつつ、出来ることはやっておく。
そしてゲーム終了。
勝ったのはなんと私。
8点のコレクションを完成出来たのが大きかった。

お金を取るか、アンティークを取るかの二択というシンプルさ。
たったそれだけなのに、適度な悩ましさが存在します。
金貨を取れば、次の人がより安くアンティークを購入出来る。
自分だって安く購入したい。
むしろ先に金貨取ってくれないかな?と思ったり、購入を後回しにしたら買われてしまったり。
ゲーム終了時は、各色で見て1枚しかないコレクションを捨てるというのも、集め方を考えなきゃいけない。
派手な展開はないけれど、色々と考えられる面白いゲームでした。
何となく、コロレットを思い出しましたw
2人プレイの場合は、ヴァリエーションルールがあるので、そちらも試してみたいと思います。

Das Vermachtnis des Maharaja
Michael Schacht
Abacusspiele Gmbh
2017-02-01