・ベルサイユ庭園
 Die Garten von Versailles(Schmidt:2017)


ベルサイユ庭園

タイルを並べて、出来るだけ同じ種類の場所を広げていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

このゲームは前・後半に分かれていて、まずは前半戦で使うカードが配られます。
場には、前半で取得するタイルを並べます。
ゲームはラウンド制で、手札からカードを1枚選んで裏向きに出し、その後、数字が小さい順にタイルを獲得して自分の庭に配置したらラウンド終了。
前半戦は7ラウンド終了後に中間得点計算があり、続いて後半戦の準備。
再びタイルを並べ、各プレイヤーに手札を配ります。
前半戦で配置した庭はそのままで、後半戦ではこれにタイルを加えていきます。
中間得点計算で獲得したポイントチップは保持したまま、裏返して5点のほうを向けます。
後半も7ラウンドプレイし、ゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高いプレイヤーが勝者になります。

以下、間違ったルールで遊んだ記事なので、正しいルールで遊んだら書き直します

「カードの色はタイルと何か関係があるの?」
「まったくないね」

そんなやりとりから始まった庭園つくり。
配られた手札は10枚、使うのは7枚。
数字は1から55までで、数字が小さい順にタイルを選んでいくので、小さい数字大切。
気を付けたいのが茶色のタイル。
これは建設用地で、中間得点計算では得点にならず、ゲーム終了時にも3点にしかならないのです。

毎ラウンド取り合うタイルは全部見えているので、どの数字から使おうかチェック。
オールマイティのマスがあるタイルもあるので、カードの使い方大切。
とはいえ、方向性が決まるまで、1つくらいの茶色は気にしない方向で。

最初は中途半端な数字で、他の人の出方を見る。
タイルは必ず獲得出来るし、それがどのタイルになるのかだけ。
一斉にカードをオープンにしたら、数字が小さい人からタイルを持っていく。
後になれば選択肢も減るので、最初に選ぶ人が一番悩むかもw

こういうゲームにありがちなのが、取ってみたはいいけれど、マスの向きが逆でつながらないこと。
目的は同じ色を出来るだけつなぐことなので、分断は痛い。
次のタイルが何かちらちら見て、取れることを期待して少しずらしておく。
隣接はマスで見るので、タイルが半分ずれるということも発生するのです。

目指すのは1色についての最多マス数。
他の色もゲーム終了時には2番目まで得点がはいるので、完全にスルーするわけにもいかず。
ちらちらと見渡し、みんなと違う色で黄色を集めることに。
パズルは苦手だけれど、こういうパズルちっくなものは好き。
しかもカードを出して、取ったタイルを配置するだけなので、ゲームがすごい勢いで進んでいきます。

序盤からママと私の建設用地対決になっていたけれど、さすがに4マス全部が茶色いのはいらない。
そういう時に、少し小さい数字が便利。
さらに、集めている色が多めのタイルには、1桁のカードが便利。
みんな同じこと考えるので、なけなしの1桁カードでもより低いのを出された時は悲鳴。

建設用地がないタイルだと、みんなも数字が大きめ。
50番台が手札にいる以上、どこで使うかの見極めが必要だし。
3枚は使わないので、その3枚に含められれば楽だけど、そううまくはいかず。
おやじさんが 色をひたすら広げていくのを見ているだけでしたがw

あっという間に前半戦が終了し、中間得点計算。
各色でトップだった人には得点がはいり、さらにポイントチップは維持したまま。
これをゲーム終了時まで奪われなければいい。
まぁ実際は難しいわけで・・・w

前半が意外にあっという間だったので、後半開始前はカードを見つつ脳内作戦会議。

(おやじさんから悲鳴があがっているので、きっと大きい数字が揃っているんだろうなぁ・・・って私も30番台半ばが揃ってるじゃない!)

(でも1を持ってるから、これ最強だから保管しよう)

後半はポイントチップも1枚5点。
今持っている色を追いつかれないよう伸ばしつつ、新しい色をさらに広げて追い越そう!
なんて思ってはいたんですが、実際は到底追いつけない色はスルー。
いけそうな気がする色を集め、自分が最多の色は譲らず。
おやじさんの青が、もう誰も追いつけないw
だったらせめて2位になれば、とりあえず3点はもらえる。
同数だと得点にはならないけど・・・
建設用地の茶色もママには追いつけない。
これは2位がないので、後半は出来るだけ取らない方向でいこう。

色々考えてはいたけれど、結局は流れを見ながらのカード選択。

オールマイティじゃない。
オールマイティより欲しいタイルがある!

これがみんな同じで、3番目の人までオールマイティが残っていたり。
4マス全部建設用地は、さすがに避けるw
カードを出してタイルを配置しながら、次はどれを取れれば未来があるのか気にしたり。
上手くいけば逆転だって出来るはず!

欲しいタイルがかぶってる? だったら「1」を出す!

譲れない思いがみんなある。
そこをぎりぎりでかわしてカードを出せた時の喜び。
いや、1は絶対勝てるから必殺技だけどw
そして最後のタイル取得が終わり、最終得点計算。

前半戦で獲得した黄色のポイントチップは維持。
他にも2位のものでポイントチップ獲得。
自分の庭園で、3番目までに大きいつながった庭のマス数も得点に。
終わってみれば、勝ったのはおやじさん。
割と僅差だったので、本当に惜しい。
あそこであれを取れていたら・・・と考えていたので、きっと良いゲームw

このゲームで唯一残念なのが、得点ボードがないことかな。
庭園つくるならメモするより、同じ雰囲気の得点ボードが欲しかった。
今回はカルカソンヌの得点ボードを使いましたが、この得点ボードは使い勝手が良くて重宝しますw

2人プレイだと仮想プレイヤーが加わり、ランダムでカードを出してくる人がいる3人プレイ状態になるようです。
そちらも試してみたい。