今日はゲムマの新作を遊ぶゲーム会でした。
夕方からだったので、のんびり出動で。
最近暑い日が続くので、夕方からなら楽だなーと思っていたら、天気は曇りだったというw
遊んだゲーム
今日は7ゲーム遊びました。
(画像が6個なのは、写真に入れるのを忘れたためです)

<遊んだゲーム>
おにぎりさん・おにぎりさんデコクトデザイン
先日4人で遊んだんですが、今回は3人で。スタートプレイヤーの手札が、まさかのノリ3枚で始まらないうちに終わったりw 仕切り直してもう1回。4人のほうが逃げ道があるように感じた。3人だと出せるところが2人のところだけなのできつい感じ。途中食べるのもこんぶからにして、逆に減りすぎて悩んだり。とはいえ、山札切れまでいって、そこで失敗だったので大健闘。よく考えたら、まだクリアしたことないw おにぎりの道は険しいのでした。

つみきメイズmini・つみきメイズmini39芸夢
自分のコマをより高いところへ移動させるため、木片を積み上げていく。うっかり中心部に置き忘れて、取るだけでも手がぷるぷるしたりw 序盤は2個ずつ置くのは余裕で、どんどん積み上げていくも、途中でつまる。置き場所が厳しくて土台をつくっていたら場所を取られてしまったり。それでも思いがけず高く積み上がって、ちょっとした衝撃でもぐらっと。ドキドキしながらのコマ移動で相手が崩してくれるのを待つ。これいいね。例えるならラコタより派手で楽しい。

キツネのいたずら・キツネのいたずら雅ゲームス
キツネと村人に分かれ、お互い自分のカードしか見えない状況でのバトル。たぬきをゲーム中1回しか使えないのを失念し、早々に使って勝てる!と思ったのもつかの間、次に使ったカードがいたずら増加がなく、あっという間に村人側に。そこでいたずらのやり方を把握。どのタイミングでいらずらするか悩んで導き出した最終カード。まんまと村人の罠にはまってキツネ自滅。カード立て必須かと思ったけれど、キツネ用に効果を確認するだけのカードセットがあるので便利。

TEXTILE・TEXTILEKITERETSU
すごくシンプルなタイル配置ゲーム。黒白に分かれ、お互いに自分の色をつなげて閉じて得点化。カルカソンヌの城の要領で。序盤から白は大きくなってしまい、黒側がこまめに得点を獲得していくのを見守っているだけ。でも完成しはじめると大きくて、一度に7点とか大きく獲得。タイルの残り枚数を確認して、夢を見るかやめるかで配置。大きく何回か獲得するのも、こまめに完成させるのも差はそこまで開かず。終わってみれば2点差でした。これは手軽でいいね。

ジュリアーノ王子の貢ぎ物・ジュリアーノ王子の貢ぎ物久遠堂
婚約するためにネックレスを贈るけれど、わがままな姫は要望が激しいので協力して1年の間クリアしていく。種類や色はダイス判定。もちろん姫のわがままもダイス判定。相談してお互いにかぶらないよう宝石を購入していくも、そういう時に限って個数が多かったり、望んだ宝石が集まらなかったり。大きな宝石はコイン収入が多いので期待して購入するも、すぐには必要とされず。さすがわがまま・・・w でも何とか婚約出来ました。

ユカヌケ・ユカヌケ〜本の買い過ぎで家の床が抜けるってよ〜米光と抜群のゲームデザイナーズ
本を積み上げると9万1冊で床が抜けます。他の人から本が贈られてきます。自分の前に本を積んでいくけれど、ちょうど9万冊で宣言するか、9万1冊以上で床抜け宣言されるか。自分の色は表向き、それ以外は裏向きで出すので、カード補充を自分の本棚から取るの重要。どのカードが何なのか把握しないと床抜ける。裏向きで出すアクセントがきいてていいね。

タンポポ・タンポポひとりじゃ、生きられない。
前作カゲロウが良かったので期待上々でスタート。するはずが・・・説明書を読んでも疑問点が残る状況。何とかスタートしたものの、私がまさかの2枚目でストップ。誰か早くタンポポの種を・・・と考え、他の人が咲かせるお手伝いをしたものの、相乗りするとタイル支払うので、それによりまさかの全員脱落w どんだけ儚いの!って笑いが止まらなかった。笑いすぎて涙出ましたw 次回お会いしたらルールが合っているのか確認したいと思います。


今回はルールブックでちょっとしたところが気になったかなぁ。
大まかな流れはわかるけれど、細かい「あれ?こういう時どうするの?」とかどっちにもとれるとか、そういうところが気になるのです。
日曜日に遊んだ記事が書けていないけれど、今日のこちらが先で。