・ドラゴンのたからもの
 Schatz der Drachen(Winning Moves:2003)


ドラゴンのたからもの

洞窟の中から宝物を見つけ、持ち帰るゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場に裏向きで並ぶのは、宝物が描かれているタイル。
この中から宝物を見つけていきます。
手番がきたら、まずタイルを1枚めくります。
タイルの内容によっては、強制的に手番が終わる場合も。
条件に合わなければ、続いて次のタイルをめくります。
描かれている宝物はそれぞれ、獲得するために必要な枚数の印があります。
めくっている途中で揃えば、揃ったタイルのみを獲得し、残りは裏向きに戻し、次の人の手番に。
これを繰り返し、残っているタイルがクモ3枚になったらゲーム終了。
もっとも多くタイルを獲得した人が勝者になります。

最初は何もわからないので、とりあえず1枚めくる。

「うわ!クモでた!」

まさかの1枚目で手番終了。
タイルは宝物だけではなく、ドラゴンやクモがあります。
ダイヤモンドもそうですが、1枚目で出れば獲得出来るものと、めくってしまったら手番が終わるものがあるのです。
クモはもうダメw

ゲームが進んでいくと、ある程度タイルの中身を覚えてくる。
勝負はここから。

「キャンドル出た!さっきここにもあった」

キャンドルは3枚めくれれば獲得出来るのです。
でも残り1枚がわからない。
適当にめくってもドラゴンとクモ以外ならセーフ。
でもまぁ、こういう時はめくってしまうものなのです。

「ここでドラゴン!」

1枚目でドラゴンが出ればタイルを獲得出来るけれど、それ以外だと何も獲得出来ない。
シビアな洞窟・・・

覚えていたはずなのに覚えていない。
クモとドラゴンを気にしすぎw
並ぶタイルの枚数に、本当に終わるのか?と疑問が出るのも中盤まで。
減ってくると、むしろクモを避けながら宝物を獲得するのに真剣。
ダイヤモンドは1枚目なら即獲得で手番が終わるけれど、2枚目以降でも大丈夫。
でもダイヤモンドのタイルしか獲得出来なくて、枚数は少ない。
クモよりいいけど・・・

そして、終わらないと思われていたゲームもようやく終了。
勝ったのは私。
後半のキャンドル3枚や宝箱4枚が大きかった!

簡単な条件付きのメモリーゲームです。
いい年した大人でも、本気になって遊びましたw
宝物をめくるわくわく感があるので、子どもたちのほうがもっと盛り上がれるかも?