・タイニーパーク
 Tiny Park(HABA:2017)


タイニーパーク

ダイスを振って、自分だけの遊園地をつくっていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分の敷地ボードを受け取ります。
使うダイスは5個。
手番がきたらダイスを5個振り、出目と合ったタイルを受け取って、自分の敷地に配置します。
ダイスは振りなおし2回までの合計3回振ることが出来ます。
タイルは、それぞれの形を山積みにしているので、一番上のタイルと出目を見比べます。
配置する時は、好きな向きに開店させたり、裏返したり出来ますが、一度置いたら配置を変えることは出来ません。
そして次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かが自分の敷地を埋め尽くしたら、その人の勝利でゲームが終了します。

自分の前に敷地ボードを置いたら、早速ゲームスタート。
まずはダイスを振る。
出目とタイル山それぞれを見比べて、どれを狙いそうか見る。
確保するダイスを避けて、残りをもう一度振る。
惜しい・・・あと1個。
ということで、再び確保して最後の振り。

「うわー!惜しい!」

仕方ないので、他に選べそうなタイルを探す。
ちょうどいいのがあったので、それを取って配置。

1マス分のタイルもあるけれど、意識せずに確保していくと運悪く何も取れないなんてことも。
続いてトド吉の手番。
すんなりタイルを取って、自分の敷地に配置。

そして、スムーズだったのは最初だけ。
そこはダイス運。
この後、ひたすら不運を爆走するのがトド吉。

早く埋めたいなら大きいのを選びたい。
欲が出ると、ダイス目は言うことを聞かない。
何とか3マス分のタイルを獲得出来ている私は良い。
トド吉は、何も取れない連続。

「少しは妥協すればいいのに・・・」
「いいや!出る!きっと出る!」

私の遊園地が半分ほど出来てきた頃、ようやく『せめて1マス分のタイルだけでも』を覚えたというかw
早さを競っているのに、何も取れなきゃ遅れをとるばかり。

最後は私が1回目のダイス振りで確定させ、アトラクションが並ぶ遊園地をつくりあげたのでした。
ちなみにトド吉の遊園地は、アトラクションがちょうど半分しか置かれていなかったというw


ゲームはすごくさくさくと進みます。
ダイスは最大でも3回までしか振らないし、出目とタイルを比べるだけなので時間もかからないし。
以前「ミイラのたからもの」で発売されていたゲームのリメイクらしいですが、見た目的には断然遊園地!
(この記事を書くのに過去記事探したら、書いてないことに気付きました)
ピラミッドテーマもいいけれど、やっぱり遊園地テーマは見ているだけでも楽しいです。
遊んでいて、見た目も考えて悩むのは、遊園地テーマならではでした。

高円寺0分すごろくや ゲーム紹介:タイニーパーク / Tiny Park