・フッチカート
 Futschikato(2F:2016)


フッチカート

自分のカードを誰よりも先になくすのを目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲーム開始時、各プレイヤーは6枚ずつカードを持ちます。
手番がきたら、まず自分の前に置かれているカードを捨てます。
その後、手札から1枚選んでカードを出します。
この時、出したカードより低い数字を自分の前に置いていたプレイヤーは全員負けになり、置いていたカードを捨てて、山札から1枚手札に加えます。
プレイしたカードが、他のプレイヤーが置いている数字と同じだった場合、ダブルで数字を倍と見なします。
3倍だったらトリプルに。
ただし、増えた数字と同じ数字のカードを出しても、数字は増えません。
手番開始時のカード捨てで、同じ数字を出しているプレイヤーのカードも捨てますが、この時は山札からカードを引きません。
これを繰り返し、誰かが手札0枚のまま自分の前にあるカードを捨て、その時山札からカードを引かなかったら、その人の勝利でゲームは終了します。

ダブルかトリプルを狙ってカードを出していく。
たぶん一番効率がいいはず。

最初の手番は、自分の前に置かれているカードがないので、手札から出すだけ。
すでに出されているカードは3。
なるほど・・・ここで3を出せば、ダブルで6と見なされる。
次の人は6以上を出さないと負けになるわけか。

「じゃ6で」

同じ6なのでセーフ。
そして、トド吉の番がきて、前に置いていた3を捨てた。
同じ3を出していた私も一緒に捨てる。

こういうゲームか!

トド吉は4を出してきた。
いたるさんの6は負けてないのでそのまま。
そして私の番。
だったら2人とも捨ててもらえばいいと思うの。

「じゃ7で!」
「うぎゃー!」
「えー!」

2人は自分の前にあるカードを捨てて、山札から1枚ずつカードを取っていく。

(ふっふっふ・・・これだ)

とはいえ、カードは何が回ってくるかわからない。
その時に、他の人に便乗出来るカードが引ければセーフ。
大きい数字ばかり出していると、残るカードが小さくなってしまうし。
タイミング大切。
さくさくと進んでいって、いいじゃない!
しかもカードを出していて、楽しい。

手札をなくしたと思っても、前に出しているカードより大きいのを出されて山札から引いたり。
最後に出しておく数字大切。
上書きされないか、便乗してもらえる数字を最後に出さないと。
あっという間に終わり。
プレイ感が軽くて楽しいので、続いて2回ほど。
勝ったのは1回目が私で、2回目がいたるさん。

想像していたより楽しい!
しかもあっという間に終わる。
この日遊んだ中では、かなり好印象のゲームでした。