・スラフ・オフ
 Sluff Off!(Eagle-Gryphon Games:2017)


スラフオフ

何トリック取れるのか予想し、マイナスポイントにならないようにするカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームの目的は、自分が予想した数のトリックを取ること。
まずは、各プレイヤーに15枚ずつカードを配ります。
配られたカードをよく見たら、順番に自分が取れると思われる各色のトークンを取ります。
この時、1個しかないニワトリのコマを取ることで、ラウンド終了時にマイナス点だけど、他のプレイヤーにトリックを取らせない脱却者になることが出来ます。
脱却者は、他のプレイヤーが受け取った黒いトークンの数でマイナス点が減少します。
全員がトークンを取る、もしくはニワトリコマを取ったらゲーム開始。
最初のプレイヤーがカードを1枚出したら、以降のプレイヤーは可能な限り、同じ色のカードを1枚出し、もっとも大きい数字を出していた人が、今回のカードと同じ色のトークンを場に戻します。
もし同じ色のトークンを持っていなかったら、場から黒いトークンを受け取ります。
青のカードは常に切り札として使います。
15枚すべてのカードがプレイされたら、ラウンド終了。
残っているトークンをマイナス点、ゲーム中受け取った黒いトークンを計算し、再びカードを配るところから続けます。
プレイ人数と同じラウンド数プレイしたらゲーム終了で、もっともマイナス点が少ないプレイヤーの勝利です。

予想するトリックテイクはかなりあるけれど、脱却者はいまいちピンとこなかったので、普通に予想。
手札を眺めて、これくらいなら取れるだろうと予想してトークンを取る。
いざ開始。

トリックテイクと聞けば、どうしても取れるだけ取りたくなる。
でもそれはダメ。
予想して受け取ったトークン以上は、黒いペナルティトークンを受け取ることになる。
わかっているけれど、ついつい・・・
あっという間に15枚を使い果たして1ラウンド目終了。
最初のラウンドは、それぞれみんな失点だったけれど、私がダントツで多い。
おかしいなぁw

続く2ラウンド目。
さすがに1ラウンドやってみてわかった。
ここぞって時に大きい数字を使って、トークン戻せばいい。
むしろ、誰かが切り札を出しそうなタイミングで、出し損ねた大きい数字を持っていってもらおう!
その前にある程度刈り取って・・・などと考えつつ手札を眺め、トークンをちょっと弱気で選ぶ。
よく考えたら、トークンを選んでる時点で、大きい数字持ってますって宣言しているようなもの。
でもまぁ、切り札多めだし、持ってなくても取りにいけるはず!

今回は順調にトークンを戻し、まさかの0点!
いや最初のマイナス点が痛いだけ。
他の人の悲鳴が聞けるのも、このゲームの良いところかも・・・w

そして、最後3ラウンド目がはじまる。
何とか挽回して、他の人にペナルティを持っていってもらいたい。
そうなると脱却者一択。
悩む・・・悩む・・・でもニワトリは私の番にはもうなかったw
やはり誰も取らなかった時にやっておくべきだったか。

始まれば手札に集中。
ちらちらと両隣りを眺めながら。
脱却者じゃないけれど、他の人にトリックを取っていただくこと前提でw
自分ではトークンの分しかいらないわけで。

最後、大きな数字を残して失敗か?と思ったけれど、ぎりぎりで何とかトリックを取っていただいたのでセーフ!
この調子の良さが、なぜ1ラウンド目に発揮されなかったのか!

得点を計算してみたら、僅差でいたるさんの勝利。
やはり1ラウンド目の大失点が痛すぎた。

ちょっと変わったトリックテイクで、楽しく遊べます。
予想を当てようとカードを出していくだけでなく、脱却者という役割がかなり楽しい。
思い通りにならない手札と相談しつつ、上手く予想というよりプレイが上手くいくと気持ちいい。