・サンチアゴ
 Santiago(Amigo:2003)


サンチアゴ

入札して手に入れたプランテーションを広げて水を引き、収入を得ていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲーム開始時、各プレイヤーに配られるのが1本の運河と初期資金、そして自分色の労働者を受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは7フェイズからなります。
プランテーションの競りから始まり、運河の番人の交代。
そして、実際にタイルを配置していき、運河の番人が運河を置きます。
各プレイヤーが持っている運河を任意で配置したら、運河のない場所にあるプランテーションが砂漠化。
最後に、自分のプランテーションから収入を得たら、ラウンド終了です。
これを繰り返し、すべてのタイルがなくなったらゲーム終了。
最終ラウンドは砂漠化の後に得点計算をし、もっとも所持金の多い人が勝者になります。

5人がいいと言われて未プレイになっていたゲーム。
3人だって遊べるでしょうということで、今回は3人。
さらにバリアントのヤシの木も入れてのプレイです。
3人だと使う運河は11本で、タイルがなくなるまでだと、11ラウンドプレイします。

最初の競りだといくら出せばいいのかわからない。
目安となるのが収入。
毎ラウンド、収入で得られるのが3金。
お金の単位はエスクードらしいですが、1金、2金でw
となると、そこまで高値を出すのもなぁという感じで、1金スタート。
入札は1回限りで、付けた値段順。
そして、一番安値をつけた人が運河の番人。
自分が思うように運河をひくには、安値つけて残りものタイルで我慢しろということ!?
でも水がなきゃ枯れちゃう。

そしていざ実際のタイル配置。
高値の人から選んで取り、自分の労働者を描かれているだけ上にのせて、そっとボードに配置。
この時、番人が水を引きそうな方向で待ち伏せw
3人だと全員が配置した後で1枚残るんですが、高値をつけた人が労働者をのせずに配置します。
いわば中立プランテーション。

そして運河の番人を買収します。
いやしなくてもいいけれど、この金額でここに水を!と持ち掛けることが出来るのです。
これがかなり重要で、買収を受け入れなければ、銀行に支払う金額は提示されているに1金上乗せした金額。
買収を受け入れれば、賄賂を受け取って指定された場所に運河をひくだけ。
譲れない時にこそ、多めの金額をふっかけるw

そして番人によって運河が置かれ・・・

「そっちなのー!?」

となるわけですw
残念ながら運河がこなかった場所は砂漠化。
収入をもらえば1ラウンド終了。
はやい!

バナナが私に置いて欲しいというので、巨大なバナナ農園をつくっていく私。
その間にもトド吉といたるさんは、唐辛子農園をつくったり。
1人でじゃがいも農園をつくろうとしたも、邪魔されてしまったり。

気を付けるのが砂漠化だけれど、基本的にのっている労働者を1個除去するので、労働者がいる間は砂漠化しない。
逆に言えば、中立タイルと1個しか労働者がのっていないタイルはすぐに砂漠化しちゃう。

せっかくの農園、枯らしてたまるか!

というのを見抜かれるとつらいので、バナナラッキー程度に喜ぶ。
しかしバナナだけでは勝てない。
これだけ続けてバナナが出てきているとなれば、後半は出てこないに違いない。

唐辛子にはいまさら便乗出来そうもないし、じゃがいもかねぎ(違)か・・・

そんなことを考えていると、突如出てくるバナナ。
カウンティングなんてしていないので、黄色いタイルに目が釘付け。
高値でも欲しい!
運河は自分のが1本あるから、これで何とかしてやる!
そんな意気込みで。
さらにヤシの木を巻き込めたら、自分の労働者として計上出来るのです。

まぁ、バナナ農園にはいたるさんもいるので、自分もうれしい分、いたるさんもうれしいわけで。
でもそれを気にしていると、絶対自分の得点が伸び悩むから気にしない。

ある程度出来上がっている大農園に、タイル1枚で入り込むのが良い。
そう上手くはいかないのが競りで、運河の番人。
だいたい、ゲーム開始時にランダムでタイルを抜いているのだから、待っていても出てこない可能性だってあるのです。

ボード上が賑やかになり、見た目が華やかになってくる頃には終了間近。
最後に砂漠化があるので、労働者を1個しか置けないタイルには興味がない。
でも高値を出しすぎて所持金が減ってもダメだし。

そして、最後のタイル配置からの運河引き、砂漠化処理が終わってゲーム終了。
勝ったのは。
僅差すぎて泣ける・・・

3人でも面白いじゃないの。
ここぞって時にヤシの木が役立ってくれたし。
3人プレイだと4枚の中からタイルを選べるのもあって、逆に「楽しさ」がありました。
ルールがごちゃごちゃしていないのに、競りでの値付けが運河につながっていたりして、面白かったです。
5人ベストと言われているのは、競りで並ぶタイルが5枚だからかな?
競りと農園拡大を楽しむなら3人でも良い。
ちょっと談合っぽくなったりするけどw
胃が痛むような競りで、貴重な農園拡大を楽しむなら5人って感じかな。