・ファボリーテン
 Favoriten(Walter Muller's Spielewerkstatt:1989)


ファボリーテン

トップでゴールするのはどの馬か、予想して得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

出走する馬は5頭。
これをプレイヤーが共同で動かしていきつつ、1位から3位でゴールする馬を予想します。
手番がきたらダイスを振り、馬を1頭動かすのを5頭分やるだけ。
全員が手番を終えたらラウンド終了で、次のラウンドへ。
ラウンド開始前のみ、任意の馬1頭に賭けることが出来ます。
最初にゴールした馬を1位の場所に動かし、2位・3位も同じように移動させます。
レース終了後、賭けに使ったコマを得点チャートへ移動させ、得点を獲得します。
獲得した得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

レースゲームは2人で遊んでも楽しさ半減なのはわかった上でのプレイ。
このレースでは、自分の手番で5頭すべてを動かしていきます。

ラウンド開始前に賭けられるということで、早速賭ける。
ダイスを振り、出た目は6。
ならば自分が賭けた黄色を進ませるに決まっている!

ということで、黄色を6マス前進させる。
トド吉が賭けた馬には、ダイス目1や2を割り振るのはお約束w
もちろんトド吉も同じことやってくる。
そしていつしかお互いの間に、見えない火花がバチバチと・・・

とはいえ、結局はダイス目次第。
途中でこっそりとトド吉に相乗りしつつ、賭けコマをばらまく。
程なくレース終了。
3コマ賭けて全部得点化した私と違い、1コマが完全に死んだトド吉とじゃ勝負にならないよね(いばり)

こういうレースって既視感が強いけれど、古いからむしろこっちが先か・・・
何か他にワンアイデア欲しいと思ったら、最近のレースゲームを遊んだほうがおもしろいかな。
悪くはないけど物足りないという、ある意味贅沢な気持ちになります。