・パクパク
 Paku Paku(Ravensburger:2017)


パクパク

全員同時にダイスを振り、食器を重ねたり、次の人にダイスを渡したりするゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央には食卓と食器、マイナス点タイル。
ゲームで使うダイスは5個で、スタートプレイヤーが出来るだけ均等になるよう配ります。
スタートの合図と共にゲーム開始で、一斉にダイスを振り始めます。
振ったダイスの目がパンダなら、そのダイスを左隣りのプレイヤーに渡します。
食器なら、食卓に食器を1つ重ねなければなりません。
数字は何も起こらないので、パンダ以外のダイスは再び振り直します。
誰かが食器を崩すか、誰か1人の元に規定数のダイスがあったら、気付いた人が「ストップ」と宣言して一時中断し、対象の人は自分の前にあるダイスを振り、マイナスポイントを受け取ります。
再びダイスを配り直して続け、10ポイント以上マイナス点を受け取った人が出たらゲーム終了。
マイナス点がもっとも少ない人が勝者になります。

今回は3人プレイなので、自分の前にダイスが5個置かれるとマイナス点チャレンジ。
まぁダイス配る人は、自分が少なく配るよねってことで、早速ゲームスタート。

「パクパク!」

無心でダイスを振る。

 あぁ、数字。

すぐに振りなおす。

 あ!パンダ!

パンダが出ているダイスをつかんで、いたるさんの元へ置く。
と思ったら、トド吉からダイスが回ってきた!
渡して減ったはずなのに、もらって元の個数に戻ってる。
不思議!

そのうち、食器の目が出て食器を重ねようとしたら、先にいたるさんが重ねてる。
この間にも、トド吉からダイスが送られてくる。

「早くしてよー!」

気付いたら、私の手元にダイスが5個。
誰も気付かなかったら、そのままそっといたるさんにダイスを回したけれど、気付かれてしまった。

「ストップ!」
「ちぇっ」

ダイスをすべて振って、数字が出たのがと。
10点たまるとゲーム終わっちゃう上にビリ確定。
もっとスピードアップだ!

左手でダイスを渡しながら、右手で回ってきたダイスを掴む。
あとは振るだけ。
素早くダイスを回して、自分の前に出来るだけ残さない。
トド吉が数字の目を出し続けているうちに、手元にダイスがない私は他の2人を見つめる。
いたるさんが食器を重ね、そして崩れる。

「ストップ!」

ふっふっふw
ここからはいたるさんがまんまとはまり、マイナス点をどんどん引き取っていく。
そして最後は食器を崩したところで、10点をこえてゲーム終了。
トド吉の勝利。
まぁ1人だけ無傷だったしね・・・(ちょっと悔しい)


何という忙しいゲーム。
3人だからか常にダイスが移動していて、とにかく忙しかったw
あれだ。
ボザといえばガイジンダッシュ。
ゲームこそ違うけれど、忙しさの雰囲気が似ていましたw