・シヴライゼーション
 CVlizations(Granna:2015)


シヴライゼーション

リソースを手に入れてアイデアカードを購入し、幸福ポイントを獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードには、リソース置き場と購入出来るアイデアカードが並びます。
各プレイヤーは、それぞれ同じ内容のカードセットを持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズからなります。
まずは指示フェイズで、スタートプレイヤーから順に持っているカードから2枚を選び、1枚を表向き1枚を裏向きに出します。
全員がカードを出したら、裏向きのカードをすべて公開します。
次にアクションフェイズで、出したカードの数字が小さい順に、アクションを実行していきます。
そして、入手したリソースを使い、アイデアカードを購入出来る発展フェイズ。
最後に時代の終了チェックや、使ったカードをすべて手元に戻すクリーンアップフェイズをやったら、ラウンド終了です。
これを繰り返し、3つの時代が終わったらゲーム終了。
獲得した幸福ポイントを計算し、もっとも高い人が勝者になります。

このゲームの特徴は、最初のフェイズにあるカード出し。
2枚出すけれど、その出し方が優しいバッティングゲームの様相。
1枚ずつ表向きと裏向きに出して、アクションの効果は同じカードを出している人数で違うという。
誰かとかぶったほうが多くリソースをもらえたり。
3人以上が同じカードを出した場合、アクションを何も実行出来ない。
プレイ順で出していくので、先に出されたカードを眺めながら選べる。
今回は2人プレイだったので、中立の部族が入ります。
中立はランダムでカードを出してくるので、手番順大切。

プレイヤーが持つカードは8枚なのに、1つの時代で使うのは6枚。
2枚ずつ出すので、6枚なら3ラウンドしかないという。
タイトルから考えると、すごく重量級かと思ったら、かなりのシンプルルール。
9ラウンドでどれだけポイントをためられるか。

私がスタートプレイヤー。
目印のマーカーがすごいw
バッティング狙いなら、やはり後手番が有利。
何といっても中立が何を出してくるのかは、完全に運だし。
とりあえず、リソースがなければ話にならないので、そっと伐採。
こちらは表向きで、誰か出してね!という感じにしておいて、もう1枚は狩りを裏向きで。
続くトド吉も伐採にのってきた。
裏向きは何を出したか知らないけどw

そして運命の中立。
1枚目の表向きは、なんと伐採!
裏向きは何だかまだ見えない。
この時点で2人はがっかりw
3人は・・・3人はダメなのですよ。

そして全員裏向きをオープン。
ここで、中立と私が狩りだったので、2人だったらリソース3個獲得。
トド吉は1人で採掘。
さすがに最初のリソースでは何も買えない。
そして、これで1ラウンド終了。
早い!

次のラウンドは、さっき出されていたカード内容を覚えておくの大切。
一度使ったカードは、時代が終わるまで手元に戻ってこないのです。

とまぁ、こんな感じでゲームは進み、本当にあっという間の最終ラウンド。
お互い手元にはアイデアカードがあり、トド吉はゲーム中に入手した幸福ポイントを重ねている。
最初に出すのは中立。
それを見て、残ってるカードから予想。
最後はアイデアカードを買いたいので、倍がけしかない・・・
ということで、倍がけを表向きにしておき、伐採狙いで裏向き。
うまくいけば倍になるので、これでアイデアカードが買えるはず。
でも・・・中立がまだ倍がけ出してないのだけが気になる。

トド吉も倍がけにのってきて、表向きで出してくる。
裏向きは知らないw
そして、裏向きをすべてオープンにしてみると・・・

「あ゛ー!中立が倍がけ!」
「うわー!」

私はそれまでのリソースで買えたけれど、トド吉は最後なのにアイデアカードを購入出来ず。
得点を計算してみると、アイデアカードを多めに持っていた私の勝利。
中立おそろしい・・・w

かなりシンプルなルールで、プレイ時間も長くない。
バッティングの妙も楽しめるし。
むしろ、6ラウンドしかないので、リソースをどう使うかが悩ましい。
中立のランダムな動きで、考えていたことが無駄になったりしたけれど、楽しかったです。